店舗紹介



FC2ブログランキング

FC2ブログランキングに参加中!
今日も一押しお願いします!



プロフィール

レイジーキャット

Author:レイジーキャット
梅澤 哲也 1959年1月生まれ
元HRCエンジンチューナー。1991年より米軍放出品店を開業。
趣味はオートバイ、スキューバーダイビングと射撃 



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



BLOG-LINK

bbimystere02.jpg



Book Store

国内配送料無料Amazon













Google AD Link



Google AD



2017年 2月 去年最後のダイビング
2017年 5月 去年最後のダイビング

チョット昔話となってしまいましたが、去年の11月末に恒例の西伊豆・雲見ダイビングに
行って来ました。
喘息になってから、すっかりダイビングの回数が減ってしまいましたが、そろそろ
復活ですね。

2017043001.jpg

いつものメンバーでエントリー。
洞窟前で混んでいたので、他のグループのお邪魔にならない様に、上層をこちらに向かって
泳いでいるのが我々のグループ

2017043002.jpg

なんと、テーブルサンゴが… 
海温上昇は魚だけでなくサンゴまで生えて海底の景色が変わってしまいそう。

2017043003.jpg

お決まりの洞窟近辺の小魚の群れ。いつまでも見ていたくなっちゃいます。

2017043004.jpg

ウツボさんも増えているかな?

2017043005.jpg

カゴカキダイの群れ 毎年潜るたびに群れが増えて大きくなっているような?
こんなに群れてるなんて、まるで雲見じゃないみたいでしょ。

2017043006.jpg

洞窟出口の小魚の群れ。まるで大きな一つの生物のような動きがいいですね。

2017043007.jpg

尾びれの先が白いからオオモンハタ? 左後にパートナーが映ってます。

2017043008.jpg

いつもツガイの石鯛

2017043009.jpg

美味そう!?

2017043011.jpg

こしょうだい

2017043012.jpg

無事、エキジット。これからの宴会が楽しみです。
いつも変わらぬダイビングポイントですが、露天温泉と宴会をいつもの仲間と
楽しめるのが嬉しいですね。


2016年 10月 大瀬崎ダイビング
2016年 11月 大瀬崎ダイビング

喘息を患ってから一年半、まるっきり海と離れていましたが、9月上旬に
大学潜水クラブ時代からのバディに付き合って貰って、リハビリ・ダイビングに
行ってきました。

2016092601.jpg

場所は行き慣れてエントリーも簡単な大瀬崎。
ポイントはカラフルなハナダイがいつも見れる神社の先です。

2016092602.jpg

大瀬神社(引手力命神社)に拝観料を払い、横道に入るとある御神木(ビャクシン)
幹の太さとその姿がまさしく御神木ですね。昔は眼に入りませんでした…

2016092603.jpg

エントリーすると直ぐに石鯛の幼魚の群れ。みんな美味そうに大きくなって欲しいですね。

2016092604.jpg

色とりどりのキンギョハナダイ。これが見たかったんです。

2016092605.jpg

フォトジェニックなメバル。あまり動かないので近接撮影にピッタリ。

2016092607.jpg

すっかり岩と同化したオコゼ。

2016092608.jpg

正面から見たら仙人みたいな…

2016092609.jpg

バレーダンサーみたいなミノカサゴ 刺されると…

2016092611.jpg

とっても美味そうなホウセキハタ。皿ごと蒸す中華にしたら最高かも?

2016092613.jpg

斜め後ろから見るとリスの口みたいなブダイ

2016092614.jpg

最近、ウルトラマンをTVで見てるせいか?ジャミラに見えてしまうトラウツボ

2016092616.jpg

浮上前にまたもや石鯛の幼魚。ほんとに多かったです。
石鯛を伊豆半島でこんなに見たのは、タンクを背負ったダイビング歴40年で初めて
温暖化で海が豊かになっているのでしょうか?

途中、砂の斜面でヒメジが集団で餌を掘っている姿を発見。
チームワーク良く、砂金を掘っているみたいでなんともユーモラスでした。


Youtubeに上げました。画面をクリックで動画が見れます。

2016092610.jpg

久々のダイビングはやっぱり楽しかったです。何歳まで潜れるのかな?

帰り道にバディのお勧めのベトナム麺・フォー・ボー(PHO BO)を食べて来ました。

2016092617.jpg

場所は川崎、中原区・武蔵新城の(食)越南 (ベトナム)さん。

キャリフォルニアで良く食べる豪華牛肉米麺(フォー・ボーの事)が大好きなので
来てしまいました。

2016092618.jpg

麺が乾麺からなのか?ちょっと固めですが、ボリュームが凄く、美味しかったです。
外で長蛇の列を並び、食べたのは久しぶりです。

2016092612.jpg


2014年 8月 千葉 館山・伊戸ダイビング その2
2014年 8月 千葉 館山・伊戸ダイビング その2

2本目は西側ブイから潜行し、海底の尾根に沿って泳いで一本目の東側ブイに到達して
撒餌ポイントに戻りました。

2014081409.jpg

この日は透明度もそこそこあり、他のショップの方々と一緒に泳ぐのも、空中浮遊感があり
楽しかったです。
今年は真鶴、大瀬崎とヌカ味噌状態の海が多かったので、透明度がある海が恋しかった事も
あります。

2014081401.jpg

まずは噂のデングダイに遭遇。かなり大きく、これもランデブー飛行で気持ち良さそう。

動画も撮ってみました。
画面クリックで見て下さい。



2014081402.jpg

キンギョハナダイの群れとウツボ。海底の山尾根頂上で少し深度が浅いので画像の色が
鮮やかに出ています。

2014081403.jpg

ドチザメの群れと巨大なアカエイ。アカエイはこの時期、産卵で、深場に行っているそうで、
去年に比べて少なかったみたい。

2014081404.jpg

クエとアカエイ。

2014081405.jpg

大学のクラブ時代からのバディ二人。そばに犬のようにクエがまとわりついています。

2014081406.jpg

クエの怒アップ。真横でここまで近ずけるのは凄いですよね。

2014081407.jpg

2本目も終わり浮上中にもクエがまとわりついてます。

2014081408.jpg

上から見下ろすと海底迷宮のような? 凄い数のドチザメとクエ。

キャチコピーなら '渦巻くドチザメとまとわりつく巨大クエ’ でしょうか?

また、来年もお邪魔したいと思います。

BOMMIEさん、ありがとうございました。

伊戸ダイビングサービスBOMMIE
http://www1a.biglobe.ne.jp/bommie/


2014年 8月 千葉 館山・伊戸ダイビング その1
2014年 8月 千葉 館山・伊戸ダイビング その1

千葉 館山・伊戸ダイビングに行って来ました。
去年に続き二度目ですが、今年は魚達がダイバーに慣れていて、ぶつかって来る程
そばで大物が見れました。
ドチザメの数も増え、渦を巻くほど。
とてもココが千葉とは信じられないダイビングスポットとなっていました。

2014081201.jpg

アクアラインと通って、ダイビングショップBOMMIEさんに到着。

2014081202.jpg

今回、私達のメンバーは総勢6人。
大学時代のダイビングクラブと研究所時代ダイビングクラブの混成部隊です。

漁船に乗って約5分程でポイント到着です。

2014081203.jpg

いきなり、どでかいクエがお出迎え。

2014081204.jpg

触れる距離に寄って来ます。ほとんど愛嬌のあるワンコ状態でなめに来るのでは?と
思う程です。

2014081205.jpg

催眠術を掛けているのではありません。
クエとお話しているIさん。本当に慣れていてまじかに見れます。

2014081206.jpg

クエとヒゲダイ

2014081207.jpg

ヒゲダイのランデブー飛行。流し撮りが決まりました。

2014081208.jpg

中学一年生ぐらいの大きさでしょうか?デカいです。

2014081209.jpg

コブダイも大きかったですが、こちらはまだ慣れていませんでした。

2014081210.jpg

とても旨そうなマゴチ。刺身にしたら、高級料亭で食べられる高価な食材なそうな?
口元がウーパールーパーみたい。

ダイビング雑誌でも取り上げられ、人気が急上昇なポイントとなりました。
ほんとにまじかで巨大なクエやアカエイ。そして渦巻くドチザメが見れ、絶対お勧め
ポイントです。

今回、初めて、この日、自分で撮った動画をYOUTUBEに上げてみました。
画面クリックで見て下さい。

ダイナミックです!



伊戸ダイビングサービスBOMMIE
http://www1a.biglobe.ne.jp/bommie/


2014年 7月 伊豆・大瀬崎ダイビング
2014年 7月 伊豆・大瀬崎ダイビング

2014072401.jpg

毎年、恒例の大瀬崎ダイビングに行って来ました。今年はマンボウに会う確率が大きいと
人気のスポットとなっているのですが、残念ながら、透明度が悪かったです。

2014072402.jpg

まずは神社の先端ポイント。
キンギョハナダイの群れです。いつもエントリーすると迎え出てくれます。

2014072403.jpg

メジナ 群れていましたが、刺身にしたら旨そう。

2014072404.jpg

ホウセキハタ 尻尾の先が白いからオオモンハタかな? 

2014072405.jpg

絶賛増殖中のミノカサゴ。まるで三宅島に来たみたい。

二本目は一本松の前。エントリーポイントから少し斜め左に泳いで行くと、斜面に
巨大なソフトコーラルが並ぶポイントです。

2014072406.jpg

デカいソフトコーラル。まるでクリスマスの飾り付けみたい。

2014072407.jpg

ウミウシ?なんだかとても綺麗で見とれてしまうのでした。前に来たダイバーが
撮影の為にソフトコーラルの上に乗せたのかな?なんて夢の無い事を考えて
します。

2014072411.jpg

キンチャクダイ そっぽを向かれてしまいました。

2014072412.jpg

タカノハダイ ちかずいても中々逃げずに、巨大なソフトコーラルの上で縄張りを主張してます。

2014072409.jpg

ウツボさんもソフトコーラルの間から威嚇?

2014072408.jpg

18m以上潜ると透明度が上がるのですが、17℃ぐらいに温度が下がるので
3mmのスーツでは厳しかったです。
次はスカーと透明度が高いポイントを潜りたいですね。

でも、毎年、変わらず昔から友人と共にダイビングを出来る事が幸せ。
感謝です。

何年かぶりにお気に入りのうなぎ屋さんで昼食を頂きました。
沼津のうなよしさんです。タレが甘すぎず、あまりメジャーではないかも知れませんが
一度食べたら、ダイビングチームの誰もが此処のファンとなってしまいました。
並で3千円越えになってしまったのにはビックリしましたが、絶滅危惧種に認定されたら
来年はもう食べれないかも?って思うと仕方がないかな。

2014072413.jpg

ふっくらと箸で皮も千切れる柔らかな食感は近所のス―パーでは決して買えない、
自分にとって忘れ去られた貴重な味でした。
(子供の頃は経堂のかね万さんの鰻重が好物でした。今はもうないそう…悲しいです。)
養殖に成功して沢山食べれる日が来る事を祈りましょう!


2014年 4月 真鶴・琴が浜ダイビング
2014年 4月 真鶴・琴が浜ダイビング

最近は恒例となっているシーズン初めの真鶴ダイビングに行って来ました。
近場で身体と機材のチェックが主な目的です。

2014042801.jpg

ダイビングサービスは琴が浜ダイビングサービスさん。
今年は日曜日のせいもあり、客様で盛況でした。(最近にしてはですね。)

2014042802.jpg

海は赤潮で真っ赤。中はヌカ味噌。これこそトラディショナルな琴が浜でしょうか?

2014042803.jpg

バディとはぐれない様に固まってエントリーすると、鯉のぼりが…
なかなか楽しい演出ですね。
2014042804.jpg

鯉のぼり回りに小魚のミクロワールドが広がっていました。

2014042805.jpg

真鶴常連のメバル。いつもの直立不動ポーズ。

2014042806.jpg

メバルのどアップ

2014042807.jpg

メバルばかりが目に付いてしまいます。

2014042808.jpg

海底の少女像。ナイトダイブで見たら不気味かも?

2014042809.jpg

実は遠目に魚影が結構見れたのですが、何せヌカ味噌の海なので少し離れると全く
見えません。

2014042810.jpg

赤潮の中にエキジット。髪の毛の中まで汚れそう…

メンバーの一人のレギュレーターが案の定、不良と判り、買い替えとなりました。
私の機材は問題ありませんでしたが、マスクが古過ぎて密着が悪く、買い替え
ようと思います。マスクバンドもひび割れだらけで何時千切れても…
今度はシリコンマスクを買うかな?

琴が浜は期待するとガッカリしますが、なにせ近いので、気軽に行けて便利ですね。

2014072811.jpg

空には悠遊とトンビが飛んでました。トンビっていいなーと思った日曜日でした。


2014年 4月 2013年秋 伊豆・雲見ダイビング その2
2014年 4月 2013年秋 伊豆・雲見ダイビング その2

2014041502.jpg

雲見常連のこしょうだいの群れ。かなり増えているのでは?

2014041501.jpg

後ろから追っかけて大接近。魚にとっては迷惑ですね。

2014041503.jpg

カゴカキダイの群れ。色々な場所で見れるので、確実に増えてます。

2014041504.jpg

色鮮やかなキンギョハナダイ

2014041506.jpg

アカハタはまだ小さかったけど、しっかりクリーニング担当のベラが着いてます。
左にはマツカサウオの上半分が見えてます。

2014041507.jpg

高級魚の石鯛。美味そう。

2014041508.jpg

既にダイビングよりもメインになりつつある夜の宴会。豪華なフナモリです。

2014041509.jpg

メインディシュは伊勢海老のお刺身。

2014041510.jpg

翌朝のお味噌汁には昨晩の伊勢海老が。ダシが良く効いて滅茶美味しいです。

2014041511.jpg

帰宅日の日曜日は雲見名物の海賊祭り。ただ酒を横に見ながら、飲まずに急いで
帰宅しました。
毎年、仲間が集まれてダイビングが出来る事に感謝です。
体力の続く限り続けたいですね。


2014年 4月 2013年秋 伊豆・雲見ダイビング その1
2014年 4月 2013年秋 伊豆・雲見ダイビング その1

かなり古新聞になってしまいましたが、去年10月下旬に行った恒例の伊豆
雲見ダイビングを紹介させて下さい。

もう大学現役時代から37年も続いて潜っている事になります。

2014041301.jpg

ダイビングサービスは丸加さん。ボートの前でお店を広げて準備中

2014041302.jpg

こんな島渡しのボートに乗って牛着岩に向かいます。
昔は泳いで渡っていたのですが… 

2014041303.jpg

船の上でも準備を続けてます。余裕ですね。

2014041304.jpg

エントリー直前。眠たそうな? たぶん船頭さんの指示を待っているのかと。

2014041305.jpg

牛着岩の真ん中にエントリー。これから洞窟に侵入です。

2014041306.jpg

ケーブ内にはいつものハタンポ

2014041307.jpg

今回はケーブにカゴカキダイの群れもいました。

2014041308.jpg

牛着岩真ん中のケーブを出た所。ぜんぜんエアーが出て写っていないので
まるでスキンダイビングみたい。

2014041309.jpg

テングダイがのんびりと。接写しても逃げず、かなり人慣れしてるみたい。

2014041310.jpg

私がテングダイを撮っている後ろ姿。
なかなか、どかないので後ろの人はイライラしてたのかな?

2014041311

魚の群れを下から撮ってみました。最近、こんな写真が何故か?気に入ってます。