店舗紹介



FC2ブログランキング

FC2ブログランキングに参加中!
今日も一押しお願いします!



プロフィール

レイジーキャット

Author:レイジーキャット
梅澤 哲也 1959年1月生まれ
元HRCエンジンチューナー。1991年より米軍放出品店を開業。
趣味はオートバイ、スキューバーダイビングと射撃 



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



BLOG-LINK

bbimystere02.jpg



Book Store

国内配送料無料Amazon













Google AD Link



Google AD



2016年 1月 ノートパソコン 富士通 FMV-BIBLO MG/A75 ハイブリッドHDD交換
2016年 1月 ノートパソコン 富士通 FMV-BIBLO MG/A75 ハイブリッドHDD交換

7年落ちで14.1型ディスプレイ、DVDドライブも付いた幕ノ内弁当のような大きく重いノートパソコン。
義姉から娘用に貰ったのですが、2.5インチのHDDのせいか?滅茶遅い。
起動に約1分半も掛り、ブラウザーを立ち上げるのもゆっくり待たねばならない。

そこで、今 興味があるSSDとのハイブリッドHDDを入れてみました。
(最新の高価なSSDを入れても、7年落ちのノートPCの処理能力がないとの判断もあります。)

2016011801.jpg

購入したのは東芝 2.5インチハイブリッドHDD SLC NANDフラッシュ8GB搭載 7mm厚 MQ01ABF050H。
一つ型落ちで 風見鶏さんで送料込み¥6800でした。SSDが新型はMLCなのですが、この旧型は
信頼性が高いSLC。思わずポチってしてしまいました。

2016011802.jpg

そのまま簡単にノートパソコンからHDDをコピー出来る様にハードディスクケースも購入。
SATA用Logitec ポータブルハードディスクケース LHR-PBGU2 
AMAZONで送料込み980円でした。
後で考えたら、デスクトップに総て繋いでコピーすれば良かったのですが…
ちょっと、無駄な出費でした。けど、古いHDDをストレージに使えますね。

2016011803.jpg

先人様のお知恵を借りて、フリーソフト Easeus Todo Backup 8.2 を使って元のHDDを
丸ごとコピーしました。

2016011804.jpg

ノートパソコンの分解も先人様のお知恵を借りて行いました。右上がHDD

2016011805.jpg

HDDをハイブリッドに入れ替えます。

2016011806.jpg

厚みが薄いのでスポンジパットを接着。

2016011807.jpg

起動が上手くいったら、ついでにWINDOWS10に更新。
起動時間は30秒を切り、アプリもサクサク。まるでSSDと変わりません。
容量も500GBとデカく、¥6800はコストパフォーマンスがデカい。
このハイブリッドHDD換装はチョイ古ノートPCに超~お勧めです。

*お約束ですが、換装につきましてはPCの故障を起こす可能性があります。
総て、自己責任でお願い致します。


2015年 1月 ノートパソコン VAIOX 故障
2015年 1月 ノートパソコン VAIOX 故障

2013051003.jpg

米国仕入れのお供に購入したVAIOX。その薄さと軽さを気に入って海外渡航には便利に
使っていたのですが、起動トラブルに見舞われてました。
最初は2回に1回程度、起動途中に落ちてしまい、そのまま真っ黒画面。
一度起動してしまえば、何も不具合無く使えるのでが…
そして、その内に常に起動途中で落ちて使えなくなってしまいました。

焦って何度も起動を繰り返すうちに遂にブルー画面になって出て来た文字が

Operation system not found (OS not found)

これはSSDがお亡くなりになった! と判断して替えのSSDを探す事に。
トホホです。

でも、私のVAIOXは廉価な店頭モデルで特殊なSSDで通常よりも小さい
ハーフ1.8インチサイズ。しかも絶滅危惧種であるIDEのZIF接続。
これに合う廉価なSSDは中国のKINGSPECの製品しか見当たりませんでした。

2015013101.jpg

中国から送られて来たSSD

2015013102.jpg

型式 KSM-ZIF.6-064MS e-bayで日本までの送料込みUS$69.85でした。

2015013103.jpg

早速、VAIOXを分解。(色々な方々のWEBサイトを参考にさせて頂きました。)

2015013104.jpg

左側にあるのが、VAIOXオリジナルSSD Sandisk pSSD-P2

2015013105.jpg

KINGSPECのKSM-ZIF.6-064MSと交換しました。ぴったり、収まります。

元通り組みなおして、バイオスを外部デバイスからブート可能に書き換えて、
リカバリーディスクからリカバリーを始めました。
すると、調子良く、リカバリーディスクを読み込んでくれるのですが、
またもや最初の再起動で落ちて真っ黒画面。どうやらSSDのせいではなかった様です。
SSDの代金69.85ドルはドブに棄てたも同然。

途方にくれて、グーグル先生に聞いてみたら、同じ症状のVAIOX事例が数多く報告されて
いました。その顛末はマザーボード交換で約4万だそう。マザーボード交換なら
素人の手には負えないと諦めて取り敢えずSONYに修理を打診した所、見積もりだけなら
送料無料で見てくれるとの事、取り敢えず修理の見積もりを出して貰う事にしました。

そして返事はグーグル先生と同じマザーボードの交換で、代金は税込み37800円
でも、同じ事例が数多くWEB上で報告されており、対策品が入っていなければ、また
数年で壊れるのでは?としつこく聞いた所、対策品が入るとの事で修理をお願いしました。
(修理には社外品のSSDはNGとの事で元のサンディスクSSDに戻して出しました。)

結局、中華SSDと合計4万5千円程度、注ぎ込んだ事となり、未だにASUSの新型を買えば
よかったのか? 後悔する所ではあります。
修理から戻って来て、早速リカバリー。リカバリーは新しいKINGSPECのSSDがかなり早いです。

2015013106.jpg

CrystalDiskMark 3.03でSSDのベンチを測ってみました。
読み込みはKINGSPECのSSDがかなり早くなっています。
SSDの新たな購入は無駄にはならなかった様です。良かったです。

(OSのインスト等は速さを実感出来ますが、普段の動作自体はそれほど速くなったとは
感じられません。わざわざ買い替えるメリットは少ないと思われます。)

当分はこのVAIOXが、また旅のお供になりそうです。


2013年 8月 PCパーツ購入その2
2013年 8月 PCパーツ購入その2

マザーボードを新調したら、いとも簡単にバイオスが立ち上がりました。(当たり前!)

次はOSのWindows8をインストールする番ですが、せっかく新しいマザボを買った
ので、十分の性能を発揮出来る様にインストールで頑張ってみました。

2013012901.jpg

この時の為にわざわざ購入した32Bitと64Bit両方が入ったアップグレード版Windows8Pro
今回は64Bit版をインストールです。

まずはバイオスでSATAをIDEからACHIに設定。また、PCI ROM Priorityを
EFI Compatibleに変更

そしてOSをUEFIからブートさせる様にインストールをUEFIから行います。

XPの時はACHIのドライバーがなかったので、事前にフロッピー(古!)で読み込ませなければ
ならなかったのですが、Windows8ではドライバーが入っているので今回は設定するだけ。

UEFIブートについては詳しい事を判っている訳では無いのですが、新しい規格
のバイオスで、より高速で2TB超えのHDに対応し、今度の新しいマザボ
はこのUEFIに対応しているのです。

DVDからUEFIにインストールするよりもUSBからインストールした方が成功し易いみたいなので、
WINDOWS8インストール用USBメモリーを作りました。

2013080601.jpg

ちょうど、PCイベントでSさんから貰った4GB USBメモリーがあったので活用させて
貰いました。(Sさんありがとう!)

お店のWindows7にUSBを繋ぎ、コマンドプロンプトでdiskpart。FAT32でフォーマットしてから
OSをDVDからコピー。そしてブートセクターを書き込みました。

自宅に戻って、USBメモリーを差し込んで、バイオス画面のブート画面からUEFIで始まる
USBメモリーを選んでブート。
インストールは成功しましたが、やはりOSの認証がNGでライセンス再認証となってしまいました。

Windows8PROの認証は電話を掛けて行います。
お姉さんとお話して認証を取り直し、安心したら、サービス期間中にライセンスが無料で取れた、
Windows Media CenterをインストールするとまたもやWindows8PRO With Windows Media Center
のライセンス認証を取る為に電話です。二度手間には参りましたが、今度も優しい
お姉さんとお話して、めでたくライセンス認証を取る事が出来ました。

どちらかと言うとライセンス認証はインストールしたPC一台を特定する事で、ライセンスその物の
正当性を問う認証ではないみたい。(一台でしか使わせない事が肝心ですもんね)

何とか起動も爆速、キビキビと動くPCを手に入れる事が出来ました。 が! 

悲しい現実はまだ続きます。ソフトをインストールすべくDVDプレーヤーを接続しようと
すると、なんと新しいマザーボードにはIDE接続端子がありません。
またもや、泣き泣きS-ATA接続のブルーレイプレーヤーの購入です。

そして、折角、USB3.0も使えるからとカードリーダーもお買い上げ。

パイオニア BD/DVD/CDライター BDR-208BK/WS ¥7540
アイネックス USB3.0 内蔵カードリーダー AK-ICR-14 ¥2800

またや諭吉さんが飛んで行ってしまいました。
結局、電源まで入れると、5万円近い出費。
これなら、DELLの吊るしPCを買った方が良かったかしら? 悲しー

2013080602.jpg
Windows8 エクスペリエンスインデックス

CPUが安物なので、それなりですが、内臓GPUとの差も少なく、平均した性能で満足です。
なんといっても、SSDの性能が大きく、OSやソフトの起動が爆速なので、もう
元には戻れない感じです。

今度はせめて10年ぐらいは使いたいと願っています。

(ご自分で行う場合は、総てお約束の自己責任でお願い致します。)


2013年 8月 PCパーツ購入その1
2013年 8月 PCパーツ購入その1

自宅のPCが死亡したのですが、ようやく、安定して動く様になりました。
ちょっと面倒な事が(単なる私のミス?)続き、結局、中身を殆ど全部
買い換える羽目となりました。

なんだかんだでお金が掛かってしまいましたが、ちゃんと動く様になった
からにはホームページ更新をしっかりですね。(ほんとか?)
今までHP放置ですいませんでした。

2013080501.jpg

まずはPCの電源が死んだと判断して、電源を新調しました。(それが間違い
だったのですが…)

購入したのはセンチュリー スーパーフラワー電源 80PLUS アマゾンで
¥13162でした。(今みたら、¥16847に値上がっているのね。ラッキーか?)
普段は、PCケースに付属した物しか購入した事が無いくせに
日本製コンデンザーに拘って多少高いのを我慢して購入。

早速、電源を交換したのですが、相変わらずに全く電源が入りません。

滅茶、ショック!です。

電源はテスターで調べたのですが、調べてみると、一箇所ショートさせないと
電圧は出ないのね。(ちゃんと調べていない私がバカでした。)

結局、悪いのはマザーボードでした。マザボは7年目のGIGABYTEの
GA-P35-DS4 Rev.2.0 これも日本製のコンデンサーって事で購入したのですが
マザボで7年持てば、良いのかも?特に自宅のPCはスカイプ対応で
朝から晩までスリープモードも無く、使っていたので、使用頻度が高過ぎ
かもしれません。

で、仕方がないので新しいマザーボードを購入と、トホホな展開となって
しまいました。
思い切って最新CPUインテルHaswellにソケットLGA1150マザボか?と
思いましたが難点が二つ。

*最新CPUの内臓グラフィックGPUが、まだ最下位のGPUしかリリースされて
いない。(現在はGraphics 4600のみで今後5000、5100、5200GT3eと販売)

*ソケットLGA1150のマザボ用チップセットにバグがありスリープ復帰時に
USB3.0を見失う。解決策はソフトでは無く、チィップセットの改良で行う。
なので改良版のC2ステッピング発売を待たねばならない。

だそう。で、今Haswellを買う時期ではないと判断して、どうせ、7~8年で
交換と割り切って激安マザボと安いCPUを購入しました。
(結局、いつもの安いのね!)

2013080502.jpg

Intel CPU Core I3-3225 3.3GHz ¥12,544
ASUS マザーボード P8B75-M   ¥ 5,935
CFD Elixir DDR3 PC3-12800 4GBx2枚セット ヒートシンク付 ¥6,619

計2万5千円の出費となりました。
CPUは安物のi3ながらGPUがHD Graphics 4000の入ったI3-3225。これで
グラボは着けません。ゲームとかPCではやりませんので…
メモリーはDDR3を着けざるおえませんので、泣く泣く購入です。

結局、マザボを買い換えるとCPUソケットも合わないし、メモリーも
規格が合わないから、みんな交換と売る方には都合良く出来ているのね。
結局、今回のPC死亡で買い換えずに済んだのはPCケースとSSDだけでした。

で、次はWindows8のインストですね。


2013年 2月 WINDOWS 8
2013年 2月 WINDOWS 8

自宅のPCは昔ながらのWINDOWS XPで最近、ブラウザでのWEBサイト閲覧や
SKYPEのアップデートごとに重くなり、我慢を超えて来ました。
一月末までならWINDOWS 8 PROアップデートが安く出来るので、
焦って導入してみました。

2013012901.jpg

最初はダウンロード版を¥3300でダウンロードしようと考えていたのですが、
パッケージ版がアマゾンで¥4980だったのでパッケージ版を購入しました。
なぜなら、パッケージ版には32Bit版と64Bit版両方が収まっており、
急激な円安で値上がりしている最新パーツを買うのは後にして、とりあえず
今の古い環境のままで、32Bit版を使い、のちのち64Bit版に変えようと
考えたからです。(ダウンロード版は両方をダウンロード出来ないみたいです)

インストールすると期待通りに動作が軽くなりました。そして起動時間も早く満足。
でも、タブレット用のインターフェースはやはり使いずらく、慣れるのが大変。
そのうち、アップデートで元のインターフェースが使える様になってくれる事を
祈ります。

そして、やはり古いソフトが何種類か使えない事も不便です。安くOSソフトを
入手しても、他のソフトを買い直さなければならないのでは意味がないですね。

後はあまりに長くメールソフトのアウトルック・エクスプレスを使っていたので
新しいWindows Live メールの使い勝手に戸惑っています。

お店ではWindows7を使っていますが、XPやVistaでない限り、Windows 8に乗り換える
必要はなさそうです。


2012年 8月 PCパーツ交換
2012年 8月 PCパーツ交換

お店のPCを新調したら、自宅のPCがあまりに遅くて、我慢できなくなってしまいました。
なんとかキビキビと動く様にしたいと色々検討していましたが、そこへ こんなニュースが

「2013年1月までのキャンペーン期間中、ウィンドウズXP、Vistaおよび7の利用者は
40ドル(約3200円)でウィンドウズ8にアップグレードできる。」
参照:CNN

自宅のPCのOSはウインドウズXPの32Bit。なのでウィンドウズ8が公開される10月までは、
極力、お金を掛けずに、我慢してプチ改造とする事にしました。
ウインドウズ8に合わせてパーツを買い直さないと勿体無いですもんね。

2012080101.jpg

選んだPCパーツは増設メモリーDDR2-800の2GBとSSDのみ。

ウィンドウズXPの32Bitでは、メモリーは3.5GBまでしか認識しませんが、ブラウザーのキャシュに
メモリーを使う為に増設。デュアルチャンネル動作確認済みの1GB二枚組で¥2300。
元々2GBメモリーを入れてましたので、計4GBとなりました。

SSDはウィンドウズXPで速度低下を防ぐTRIM機能を使いたかったのでインテル330・120GB。
今や値崩れで8000円台です。

早速、増設メモリーを刺して、HDDをSSDに換装し、ウィンドウズXPにACHIドライバーをnlite
で統合したCDでインストールしました。ところが、インストールは最後まで旨く行くのですが、
どう頑張っても、立ち上がりません。
マザーのギガバイトGA-P35-DS4との相性が悪いのか?
 
色々試して最後は元々のHDD・Raptorに戻して、ACHIモードでインストールしたら、
あっけなく立ち上がり、問題無く作動。そこで、このHDDをSSDにコピーしてみたら、
見事に立ち上がり ようやく、使えるようになりました。

ちょっと苦労しましたが、SSDに換装し、ブラウザーのキャシュをメモリーに移したら、
期待通り、キビキビと動く様になりました。
ただし、PC起動時は、古いマザーのせいか?
バイオスで読み込む時間が長く、感激する程は早くなりませんでした。

このへんはマザーを買い換える10月まで我慢ですね。


2012年 6月 PCパーツ交換
2012年 6月 PCパーツ交換

店舗で使っていた8年間使用のPCがブルー画面になって、しばらくはノートパソコンで
我慢していましたが、電源とケースはそのままで、中身を入れ替えて新調しました。

今回はなるべく安く最新の美味しい装備を試してみたいと思い、色々と検討しました。
まずはSSD。新しいファームで爆速となる、OCZ Vertex 4/128GBを奢りました。SSDの進歩
と低価格化は使わないと損って感じですよね。

2012062701.jpg

マザーボードはギガバイトのGA-H61M-USB3-B3。内蔵LANがハングる不具合があり4800円
で叩き売り。
以前壊れたマザーボードK8N-E Deluxeも全く同じように内蔵LANがハングる不具合があり、
LANボードを買って使っていたので、それをそのまま移植して使う事にしました。

CPUはCore i3-2125で低価格ながら内蔵グラフィック性能が良いのを選び、ビデオカードを
購入しませんでした。
OSはウインドウズ7-64Bitで、ジャンクなパーツと抱き合わせなDSP版で1万程度。
メモリーは8GBで3400円。今は激安です。

2012062702.jpg

これで組んでみたのですが、電源が古すぎてマザーボードとそのまま繋げず
電源変換ケーブルを購入。500円程度でした。こんなときはアマゾンは送料無料で
早いので、便利ですね。

OSをAHCIモードでSSDにインストールして、立ち上げてみたら、爆速。大満足です。
全てが軽く操作出来、早く買い換えれば良かったと後悔しています。
元々、HDDは早いと言われているRaptorを使っていたのですが、最新SSDとは桁違い。
SSDへの換装は本当にお勧めです。

で、更にメモリーを大量に積んだので、ブラウザーをFireFOXにして、キャッシュを
メモリーに移動する事でブラウザー閲覧が更に軽くなりました。

参考:RAMディスク不要!FirefoxのキャッシュをRAMに置いて高速化する方法!

USB3はまだUSBメモリー等を買っていないので試していませんが、楽しみです。

店舗のPCが早くなったので、自宅のPCが遅くて嫌になっちゃいました。
なんとかせねば…
早いのにはすぐに慣れちゃうんですよね。


2011年12月 Optical Fiber Internet
2011年12月 Optical Fiber Internet
光ファイバー・インターネット


突然ですが、我が家のインターネットをADSLから光ファイバーに交換しました。

原因は3つあります。
まず、自宅がNTTの基地局から遠く、ADSLの通信速度が上がらない事。
光ファイバーの使用料が下がって来て、価格.COMから注文すると
ADSLとあまり料金が変わらない事。
そして最後は、光電話に変えろ!と毎日、営業電話がうるさくてウンザリして
いる事なのです。

で、価格.COMから、現金56,000円のキャシュバックと23,414円の割引のある、
BIGLOBE光パックNeo with フレッツ「フレッツ光」コース ファミリー
を選びました。

工事と切り替えはとてもスムーズに終わりました。申し込んでから
一週間で使えています。
前回のリホームでインターネットの配管を太い20mmで通して貰ったので
実際の工事はあっという間に終了。

2011122101.jpg

配線と光用モデム

2011122102.jpg

肝心の通信速度は驚く程、速く快適です。
通信速度は100Mbpsで、WEBサイトもサクサクに見れて喜んでいました。


ところが…

夜になったら、ガッカリ!!
夜9時から12時過ぎまでの、インターネットが1番見たい時間帯の通信
速度が滅茶遅いです。速度を測ってみたら、なんと2Mbpsなんて時も…
もう、ADSLよりも遥かに遅くなっちゃいます。

で、NTTさんに聞いてみたら、プロバイダーさんを通さずに、インターネット
速度を測れる方法を教わり、確認するとNTT回線には問題無し。

残るプロバイダーさんである、BIGLOBEさんに尋ねると、「その様な問題は
認識していないので、調査して連絡します。」と回答を貰ったが、
その後の連絡でも未だ調査中… の状況です。

口コミをWEBで検索すると、直ぐに同じ症状の事例が出て来ました。
長くBIGLOBEさんを使っている人は、ここ二ヶ月間ぐらい、夜の混雑時の通信
速度低下が酷いそう。プロバイダー乗り換えを薦める人までいました。

なんか、騙されたみたいですが、やはり、プロバイダー選定は
事前の口コミ調査が重要!と反省してます。

BIGLOBEの親会社のNECで大学時代、バイトをさせて貰って、お世話になって
いたので、まるで疑問を持たなかったのですが、甘かったみたいですね。