店舗紹介



FC2ブログランキング

FC2ブログランキングに参加中!
今日も一押しお願いします!



プロフィール

レイジーキャット

Author:レイジーキャット
梅澤 哲也 1959年1月生まれ
元HRCエンジンチューナー。1991年より米軍放出品店を開業。
趣味はオートバイ、スキューバーダイビングと射撃 



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



BLOG-LINK

bbimystere02.jpg



Book Store

国内配送料無料Amazon













Google AD Link



Google AD



2017年 4月 BMW E36 328i その36
2017年 4月 BMW E36 328i その36

今回の渡米で購入したパーツを組み換えです。
まずは、エンジンフードのダンパー。エンジンフードを開けると落ちて来ちゃう様になり、
車検時は何か言われないか?ビクビクしながら必死に押さえていて恥ずかしかった~

2017060202.jpg

上が古いダンパーでもう戻りません。メーカーはSTABILLS社製でBMWのマーク入り
下は今回購入のFebi Bilstein社製で一本$14.25(Plus州税、友人宅まで送料無料)
本当はStabilus製を頼んだのですが、何故かFebi Bilsteinが来ました。
でもBilsteinの方が自分的には嬉しいので無問題。
(Febi BilsteinとダンパーのBilsteinは関係ないのね。最近知りました。恥ずかし~)

2017060201.jpg

金属のロック・クリップにマイナスドライバーを差し込んで、ロックを解除すれば
外れます。新品装着時は押し込むだけ。

次は5万キロはプラグ無交換だったので、評判の良い電装のイリジュームプラグに変えて
みました。

2017060203.jpg

米国アマゾンで購入したDENSOイリジュームプラグIK20は見慣れぬ黄色い箱。
一本 $6.06(Plus州税、友人宅まで送料無料)

2017060204.jpg

アメリカ製で注釈によればパーツは日本産とアメリカ産のミックスみたい。

2017060205.jpg

上がDENSOイリジューム。電極が滅茶細いですね。
下がオリジナルのNGK。BMWの文字も入っています。
こんがりキツネ色で全く問題ありませんでした。勿体なかったかも?

プラグ交換した感想は?
長く高速を走った後みたいにプラグと燃焼室が焼けてツキが良くなった感じです。

プラグを新品にしたのだから、当たり前なのですが、一週間程 都内をウロウロと渋滞を
走った後でも同じ感じで調子が良いです。

6本合計で$40近くも使って新品に入れ替えたのでプラシーボ効果もあるとは思いますが、
まずはイリジュームプラグをお勧め出来ると思います。


2017年 4月 BMW E36 328i その35
2017年 4月 BMW E36 328i その35

車検前整備その2


2017042501.jpg

車検前恒例のブレーキ整備です。
まずはフロントのブレーキパットがお亡くなりになりつつありましたので交換。
ブレーキローターを前回ブレンボにしたのでパットもブレンボのレッドにしてみました。
価格は$53 (州税抜き、友人宅まで送料無料 日本まではハンドキャリーで送料無し)

交換した感想はダストが少々減ったのですが、OEMのJuridやTextarに比べ初期の食い込みが悪く
日本車っぽくなってしまいました。家族には停車時のガックンが無くなり好評。
だけど、次回には家族には内緒でOEM品に戻します。内緒ね!

リヤブレーキもブレーキパットがお亡くなりになりつつありましたが…
リヤはベンチレーションディスク仕様のブレーキブラケットにアメリカ仕様のソリッドディスクを
組み合わせて使っていました。
その為、ディスクが薄い分、ブラケットのすき間が増えて、深刻な事にブレーキパットが減ると
パットの脱落が不安。

で、思い切ってE46・328iのリヤブレーキに替える事に。
今回はヤフオクで安かったのでポチっちゃいました。

リヤディスクはTRW製で新品2枚合計が4990円(税金+送料で総額6289円)

2017042502.jpg

右がE46・328iのブレーキでディスク直径は276mmから294mmに巨大化

キャリパーは勿論、中古ですが、2個合計で6000円(税金+送料で総額7560円)と、これも激安。
米国で購入するよりも安かったかも? 
ピストン径が38mmから40mmでブラケットもディスク直径巨大化に合わせて
直径方向で大きくなります。
キャリパーはOH仕立てみたいでそのまま使えました。

2017042503.jpg

早速装着してエア抜きです。

これでフロントは
E46・330iのブレーキでディスク直径は286mmから325mm、ピストン径が54mmから57mm。
リヤはE46・328iのブレーキでディスク直径は276mmから294mm、ピストン径が38mmから40mm。
私の安く手軽にポン着けで出来る定番ブレーキチューニングとしては、これで完了です。
ブレーキホースもテフロンホースに換えてあるので、キャリパーのピストン径だけ大きくしても
踏みしろは問題無。大人が5人乗っても余裕で止まれます。
確実にノーマルよりも良くなりました。なんと言ってもブレーキに余裕が出来たので安心です。

ディスクに穴を開けたり、スリットを入れたりするのも良いかもしれませんが、元の職場で
穴やスリットが起点となってクラックの入ったディスクをさんざん見ているで、とても
入れる気にはなりません。
(職場はワンレース中、持てばOKのワークスのレーサーでの話です。
量産でも量産レーサーでもありませんのでご安心下さい。)

車検対応整備の最後はスリップサインの出たタイヤ。
前回はBSのポテンザでしたが、3年3万キロで終了。
今度はMICHELIN Pilot Sport4にしてみました。サイズは225/45ZR17で送料無料の1本14600円
合 計 ¥ 59,200でした。(代引き代800円)

2017042504.jpg

ミシュランのビバンダム君が派手ですね。

タイヤ交換は前回と同じ、持ち込みタイヤ歓迎のTIRE FITTERさんでお願いしました。
価格は平日、インターネット事前予約割引で4本合計7000円。
(脱着、ホイルバランスとタイヤ遺棄も含みます。バルブは今回、交換しませんでした。)

Pilot Sport4に換えた感想は?
ポテンザが消しゴムの様に路面に張り付き安心感があるスポーツタイヤに対して、
Pilot Sport4は普通のファミリーカーのタイヤみたいで、静粛性と乗り心地が良いみたい。
私の乗り方では燃費が良くなる訳でもなく、スポーツタイヤとしてはちょっと不満。
次回はコンチのスポーツコンタクトを試してみたいのですが、それも気に入らなきゃポテンザに
戻ります。(あくまでも個人の感想です。)

*お約束ですが、修理に関しては総て自己責任でお願い致します。


2017年 4月 BMW E36 328i その34
2017年 4月 BMW E36 328i その34
車検前整備その1


自分でユーザー車検を通すと税金と自賠責を除くと1800円で可能となりますが、古い車だと
それなりに整備しないと車検をパス出来ません。(当たり前?)

2017042003.jpg

定番トラブルでパワステホースからのオイル漏れが発生していたのですが、前回の車検時は
ホースクランプを増し締めで対応してました。
けれど最近は、どんなに可能な限りクランプを締め上げても床にまでオイルが垂れるまで悪化。
こうなるともうホース交換しかありませんね。

購入したのはパワステホース2本とホースクランプとタンクのO-Ring。

2017042001.jpg

左のクーリングコイル付きパワステホースはステアリングラックからタンクのホース。
REIN社製で $71.25(州税抜き、友人宅まで送料無料 日本まではハンドキャリーで送料無し)
アルミシールリング2枚とホースクランプまで付きますので安かったのですが、製造は
トルコ(Turkey)製。ドイツ企業の品質管理が行き届いていると信じましょう。

右のパワステホースはタンクからポンプ Febi Bilstein社製で $9.75
こちらもトルコ(Turkey)製。
Febiのにはホースクランプは付いてませんでしたので $1.50のクランプを2個購入。

パワステオイルキャップO-Ringは$3.00でした。

2017042002.jpg

まずはエアクリーナーボックスとエアーフローセンサーをとっぱずしてパワステタンクから
ATFを抜きます。(最終的にはタンクを上に抜く為、キャニスターも外しました)

あとは車下に潜ってホースの交換。

2017042004.jpg

左の薄い頭のボルトを外して交換。他はクランプを緩めるだけ。

外したホースとO-Ringはバキバキでした。
ほぼ20年経ってますので仕方ありませんね。

ATFオイルはアイシン精機の20L缶を9000円で購入。(あとで禁断の***にチャレンジか?)

2017042005.jpg

綺麗なホースに代わってオイル漏れもすっかり無くなりスッキリ感激です。

*お約束ですが、修理に関しては総て自己責任でお願い致します。


2017年 4月 BMW E36 328i その33
2017年 4月 BMW E36 328i その33

2017040801.jpg

あっという間に、またBMWの車検となりました。
事前に整備をしてから鮫洲車検場にユーザー車検で持ち込みです。
再度、両サイドロービームライトの前張りを作り貼りました。
今度から終わったら捨てずに取っとく事にします。

本当は3月末で車検が切れてしまうので、前回みたいに3月中に車検を取るのが理想ですが、
3月は年度末で登録車が多く、車検場が滅茶混み。
しかも今年4月から自賠責料金も下がるとの事で10日間程、車検を切って、4月になってから
ユーザー車検にチャレンジしました。

2017040803.jpg

車検場に行くまでの、仮ナンバー。区役所でお借りしました。

木曜日の第二ラウンド(朝10時半から)を選んだら、予想通りガラガラ。
あの3月の殺気立った車検場とは打って変わってのんびりとした雰囲気。
検査も親切な係員の方に最後まで付き添ってもらい、一発で検査をパス出来ました。
検査場の皆様、感謝です!ありがとうございました。

2017040802.jpg

今回の経費ですが、
重量税が37800円、自賠責が25830円、車検検査料が1800円(検査登録印紙400円+審査証紙1400円)
合計65430円となりました。

重量税は1.5トン以下で製造から13年が経過している車は32400円で18年経過は37800円。
私の愛車は目出度く、18年経過で重量税が37800円に。
せっかく自賠責が安くなったのに~

前回は重量税が32400円、自賠責が27840円、車検検査料が1800円、用紙代が20円 
合計62060円だったので、今回は合計で3370円前回よりも高くなってしまいました。

ガッカリ!


2016年 9月 BMW E36 328i その32
2016年 9月 BMW E36 328i その32

2016093001.jpg

9月に大瀬崎リハビリ・ダイビングから戻って来たら、インパネのオドメーターが真っ暗。
どうやら、バックライトの電球が切れてしまった様です。
早速、交換用バックライト球を調べたら、専用品で部番62111391260 OSRAM社製 12V 1.5W。
国内のパーツ屋さんだと送料入れて1100円越え! アメリカのペリカンさんだと1個$1.25なのに~

悔しいので根性で日本のパーツが使えないかと専用バルブを分解してみる事にしました。
(色々なサイトを参考にさせて貰いました。ありがとうございます!)

2016093002.jpg

インパネ上側のボルト2本を外します。

2016093003.jpg

ガーミンの吸盤で引き出します。

2016093004.jpg

ハーネス・カプラーのレバーを起こしてカプラーを外すとインパネが外せます。

2016093005.jpg

ベージュのソケットが切れた1.5Wのバックライト。

2016093007.jpg

外すとソケットに電球がハマっていて、簡単には取れません。

2016093008.jpg

電装圧着工具でギボシ端子を挟んで上からプラ・ソケットを押し下げて抜きました。

2016093009.jpg

はずれた電球と専用ソケット。電球の大きさを測ったらミニチュア球T5が使えそう。
購入したミニチュア球T5に外した電球から取ったギボシ端子をハンダ着けし、プラ・ソケット
に戻してバッチリ使えました。

2016093006.jpg

オートバックスで買って来たインパネ用電球。
左が小糸 ミニチュア球T5 12V1.2W 2個で291円
右がついでに交換するのに購入した小糸 ミニチュア球T10 12V3.4W 2個で216円
T10の大きい方は、抜き差しだけで簡単に交換出来るので3個共交換。

2016093010.jpg

元に戻したら、しっかりオドメーターが表示されました。やれやれです。

*お約束ですが、修理に関しては総て自己責任でお願い致します。


2016年 9月 BMW E36 328i その31
2016年 9月 BMW E36 328i その31

ロアコンブッシュ交換
(フロント・ロアコントロールアームブッシュ)

製造後20年走行距離9万キロの車ですが、一度もロアコンブッシュを交換して
いないみたい。
コーナリング時に振れたり、ブレーキングで変な挙動もなく、あえて言えば、
直進時のステアリングに遊びが多く思えてセンターダルな事ぐらい。

でも、E36の足回りの記事を見るとロアコンブッシュは定期交換でM3C用に交換
するのが定番とあります。
ハンドリングがシャキッとするか? あえて交換してみました。

2016082901.jpg

純正OEMパーツ LEMFORDERのM3C用ロアコンブッシュ。2個でUS$ 37.25
Bushing Set for Lower Control Arms, Front (1 per car)

2016082902.jpg

ノーマルと違って、ゴムが詰まってます。

作業について参考にさせて貰ったWEBサイトは以下のサイトです。
http://www.understeer.com/lcab.shtml

2016091501.jpg

交換前のノーマル・ロアコンブッシュ。特にひび割れとか不具合はありません。

2016091502.jpg

プ―ラーで抜きます。

2016091503.jpg

万力で固定し、金鋸でギリギリまで切り取り線を入れて

2016091504.jpg

タガネで叩いてノーマルブッシュを外します。

2016091505.jpg

後は万力でM3Cブッシュを入れます。
最初が肝心で、斜めに入らない様に何度も角度を変えてくわえ直し、少しずつ入れます。
真っ直ぐ入ったら、後は力技で…

2016091506.jpg

おおかたブッシュが入ったら、今度はコンクリ地べたに置いて、反対側から
リングの端をハンマーで叩き、リングが中央に来る様に調節します。

2016091507.jpg

あとはホームセンターで購入した長いボルトとステンレスプレートを組み合わせて
ロアアームに装着。ブッシュをグシュグシュと押し込みながらプレートを締めこんでいけば
さほどホームセンター製工具に強度は要らないみたいです。
(多少、プレートが曲がっちゃったけど、左右共、余裕で入れられました。)

気になるハンドリングの変化は? 

走り出しからステアリングが固くなった感覚で
路面からの余計な振動がモロに伝わる感じ。ハンドル切り始めが重くなり、タイヤの
ゴム反発も感じます。

でも、センターダルな感じは改善されず、あまり美味しい事はないのかも?

しかしながら、走るにつれ、わだちにハンドルが取られなくなった事が判りました。
少しは良い事もありそうです。

ロアコンブッシュの交換は目に見えてブッシュに亀裂が入ったり、
ブレーキング時に振られる、あるいは わだちにハンドルが取られる、等の実害が
出てからで良いみたいです。

*ご自分でパーツ交換される方は総てお約束の自己責任でお願い致します。


2016年 9月 BMW E36 328i その30
2016年 9月 BMW E36 328i その30
ファイナルステージ交換


この糞暑い真夏に突然、エアコンファンがストップ! 地獄です。

AUTOを切って手動でファン全開に設定しても、全く動かず

家に戻ってグーグル先生に尋ねると、またもや沢山同じ症状が…
どうやらファイナルステージまたやブロアレギュレーターと呼ばれる物で、
エアコンファンの回転数を制御するパーツが壊れるのが定番だそう。
困ったもんです。

ホンダのアコード開発チームにいた頃、LAモハビ砂漠のテスト基地(HPCC)から
デスバレーの酷暑テストに行った事があるけど、そんな状況なら死んじゃうかも?

汗だくとなった家族からは‘すぐに直せ!’と げきが飛んで来ましたので
慌てて国内のショップからWEB注文となりました。
純正と同じBEHR HELLAを探したのですが、今は全く見つかりません。
聞いた事がないメーカーばかり。仕方がないので、安さに目がくらみ(いつもの事?)
思わず無印良品をポチってしまいました。一時しのぎと割り切ります。

2016090401.jpg

本体5,346円と送料670円で翌日届いたのはメーカー名さえ記載が無い怪しさ爆発品。

いつも通りWEBページを参考に交換しました。参考させて貰ったのはココをクリック。

2016090402.jpg

まずは左ハンドルなので、ハンドル下のパネルを剥がします。
ボルト3本を外し左側二ヵ所のパネルフックを手前に引いて外します。

フロアライトとスピーカー配線を外したら、パネルが外せます。

2016090403.jpg

ファイナルステージは右奥で、トルクスT20 2本で外せます。

2016090404.jpg

外してみたら、おフランスのBEHR社製。1997年製だから、最初から無交換の旧型でした。
約20年弱、良く持った方なのかも?

謎の新型ファイナルステージに変えたら、劇的・絶好調にファンが制御されて
涼しい車に戻りました。
怪しいファイナルステージはたぶん中国製で何時壊れるか?不安なので
次回 渡米した時にOEM品を購入し交換するつもりです。

*ご自分でパーツ交換される方は総てお約束の自己責任でお願い致します。

2016年 8月 BMW E36 328i その29
2016年 8月 BMW E36 328i その29

ウインカーの点滅が怪しくなっちゃいました。
右側だけなのですが、ちょっと長く点滅させていると消えたまま。
ハザードはしっかりと両側点滅するのですが、右側だけの時、怪しいのです。

Google先生に尋ねてみたら、出てくる出てくる同じ病状。しかも皆さん右側だけ。
先人様によれば、フラッシャーリレー内の配線基盤でハンダが熱や振動による経年変化で割れて
接触不良になるとの事でした。

2016080701.jpg

早速、エンジンフードを開けて、フューズ&リレーボックスを開けます。

2016080702.jpg

少し長い黒のリレーがフラッシャーリレーです。

2016080703.jpg

小型のマイナスドライバー2本でリレーボックスを分解。

2016080704.jpg

ハンダが割れていた二か所を発見。ハンダ付けをやり直し。
リレーを元に戻したら、めでたく直りました。

参考にさせて貰った先人様に感謝です。