店舗紹介



FC2ブログランキング

FC2ブログランキングに参加中!
今日も一押しお願いします!



プロフィール

レイジーキャット

Author:レイジーキャット
梅澤 哲也 1959年1月生まれ
元HRCエンジンチューナー。1991年より米軍放出品店を開業。
趣味はオートバイ、スキューバーダイビングと射撃 



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



BLOG-LINK

bbimystere02.jpg



Book Store

国内配送料無料Amazon













Google AD Link



Google AD



2010年 大晦日に想う事
2010年 大晦日に想う事

私は2009年の夏、ある政党の主張を信じ投票してしまいました。
多くの日本人も同じ様に行動してしまったんだと思います。

2010123101.jpg

ある政党のその時の主張 今見ると笑っちゃいますね。

裏切られたと考える事は簡単ですが、それだけでは駄目だと反省です。

ここまで閉塞した日本の与・野党含めて、どの政治家に何を求めようが無駄かも。

もう、我々日本人は日本と言う狭い枠に捕らわれず、自分がもっとも良いと思える
国やシステムを目指して努力し、能力を身に付けて、世界に出て行く事が必要だと
思います。
日本の未来に自分の将来を見出せなければ他の国に豊かな生活を求めるのが当たり前、
若者の輝く将来はそこにあると思うのです。

そんな私は将来、「まだそんな国でグズグズしているの?」と移住した友人に
言われちゃうのかもしれませんね。

それでは、良いお年を!



2010年 秋 雲見ダイビングその3
2010年 秋 雲見ダイビングその3

2010122901.jpg

とても素敵な宿をバディが見つけてくれて楽しめました。
最近は年のせいか?宿の食事に気合が入っていて、マンネリダイビングを魅力的な
物にしてくれています。

2010122902.jpg

海老の刺身は甘くて美味かったです。翌日の朝の味噌汁にもダシに使われていて
素晴らしいです。

2010122903.jpg

宿の裏で見た 「鳩でなくサギ」 民主党とは関係ありません。

2010122904.jpg

朝にキャンプ場を越えて千貫門に行ってみました。
たどり着くまでのアップダウンがジジイには辛かったですが、その風景は
素晴らしかったです。

2010122905.jpg

自然のアーチもあり、カヤックのポイントとなっているようです。
昔はココで私のサークルがスキンダイビングをしていた時期もあったそうで、
次回は試してみたいです。(でも、山越えがネックかな?)

今年は大瀬崎と雲見の2回しかスキューバ・ダイビングに行けませんでしたが、
来年こそは海外ダイビングに…と鬼に笑ってもらおうと思います。



2010年 秋 雲見ダイビングその2

2010122801.jpg

映画「エイリアン」を彷彿させるショットは二本目のポントで三競。
ここも洞窟がポイントになっています

浅いのでいつまで潜っていてもなかなかエアーが無くなりません。

2010122802.jpg

下から見上げた洞窟内。上が開いていて光が差し込んでます。

2010122803.jpg

岩の割れ目に隠れたコショウダイ。

2010122804.jpg

岩から出て来たコショウダイ。うまそう!

2010122805.jpg

ハタンポの群れ。洞窟に多いです。

2010122806.jpg

極彩色のウミウシ。ちょっとピンボケでごめんなさい。

2010122807.jpg

ツノダシも最近は良く見ます。

2010122808.jpg

ソフトコーラルが壁にあるとアメリカ人が好きそうな絵になりますね。

2010122809.jpg

トラウツボの夫婦?



2010年 秋 雲見ダイビングその1
2010年 秋 雲見ダイビングその1

10月頃に行った雲見ダイビング。年を越えない様に今頃アップです。

毎年、ルーチンワークとなっている雲見ダイビング。ダイビングスキルを保つ為に
重要と考えています。

最初のポイントは牛着岩。昔は浜から泳いで行きましたが、ジジイになった最近は
勿論ボートで渡ります。

2010122701.jpg

まずはハコフグ。楽に近撮出来るので、つい撮影しちゃいます。

2010122702.jpg

二つの岩の間を抜けると潮の流れが良かったのか?色とりどりの魚影が濃かったです。

2010122703.jpg

今回はハタなどの大物はいませんでしたが、温暖化のせいか?昔と違い、まるで離島
なみの魚影だと思います。

2010122704.jpg

下のブダイが日産マーチみたい。

2010122705.jpg

美味そうな石鯛が…

2010122706.jpg



2010122707.jpg

鯛を撮ろうと必死のバディ

2010122709.jpg

バディが撮ったアジの群れ。実は下にいた我々の吐く泡に群がって来たそうな
私の画像よりも迫力満点ですね。うーん!悔しい。



2010年12月 飛べ100年の夢「空と宇宙展」
2010年12月 飛べ100年の夢「空と宇宙展」

親子3人で国立科学博物館へ行って来ました。お目当ては特別展「空と宇宙展」
日本の飛行機と宇宙開発の歴史です。

2010122601.jpg

殆どの人のお目当ては「はやぶさ」。凄いひとだかりです。

2010122602.jpg

元エンジンテスト屋の私はつい、エンジンに目がいってしまいます。
このエンジンは隼のハ-115(栄21型)エンジン

2010122603.jpg

シリンダーフィンの造型がたまりません。フィンの薄さ、深さが美しいです。
ちょっと工具が当たると「チィーン」と高い音を立てそう。
ポルシェのアルミシリンダーも同様にフィンが薄く、密集していて美しいのです。

最近はオートバイでも空冷エンジンに回帰している大人向けモデルが作られて
いますが、フィンの造型もこだわって美しく作って欲しいです。
少しぐらい価格が高くなってもロストワックス等で作って貰えれば嬉しいの
ですが…

2010122604.jpg

橘花のネ-20ターボジェットエンジン
国産初のジェットエンジン。追浜の海軍航空技術廠で開発された。
海軍航空技術廠は現在、日産の工場となり、テスト飛行をした滑走路は
自動車のテスト走行コースとなっている。

最近、今もホンダに勤める同期の友人と呑んでいて指摘され
気が付いたのだが、どうやら私の親父がそこで働いていたらしい。
もう父は亡くなっているので詳細を聞く事が出来ないのだが、
父の話を友人に話したら、
それって海軍最高機密の研究所で働いていたんじゃない?と言われて
調べてみたら、どうやらその通りみたいです。

私の父は高専で建築を学び、19歳で赤紙。海軍に取られました。
浜名海兵団に入り、その後、追浜で本土決戦用の要塞作りを研究していた
そうです。4発の重爆撃機「連山」も見た事があると言っていました。
1年も経たない内に終戦。その時は下士官になっていたそうです。
階級を聞いたのですが、特務技…とかで意味不明。一般的には軍曹ぐらい
と言ってました。ちなみにその時が人生でもっとも多く部下を持っていた
そうで、人手不足でとなりの部屋も兼任していて50人程、部下がいた
そうです。終戦後、東大の建築の浜田稔研究室で助手をしていて
火災で焼失した法隆寺の修復を手がけたそうです。その修復中に
私の母と知り合い、結婚。法隆寺の火事がなければ私は存在しないのです。
(タイムマシーンが出来ても決して火事を止めないで下さいね!?)
その後、助手の薄給に嫌気がさし、より高給の損害保険料率算定会に
教授の推薦で転職。定年まで勤めました。

親父から聞いた話では、親父が見た海軍航空技術廠での迎撃用戦闘機は
総て真っ黒に塗られてカラスと呼ばれていたそうです。(終戦直前)
私がホンダのRSC時代、朝霞研究所で見た試作車も、真っ黒に塗られてカラスと
呼ばれていました。ホンダも初期は旧軍のエンジン設計者がいたそうなので、
旧軍からの伝統かもしれませんね。

なんで突然、東大の助手になれたのか?いままで謎だったのでしたが、
海軍での仕事がキッカケだったと今になって納得。

物を言わぬネ-20エンジンを見ると、もっと生きている間に親父に話を
聞いておくんだったと、後悔です。



2010年12月 グアム家族旅行 その6
2010年12月 グアム家族旅行 その6
PROA Restaurant


お昼にプールから上がり、ゆっくりお風呂に入り、午後2時にニッコーホテルをレイトチェックアウト

2010122109.jpg

綺麗なお部屋とはお別れ。ラマダホテルに戻ると現実に引き戻される感じですね。

2010122301.jpg

荷物をラマダホテルに置いてから、夕方に、イパオビーチの入り口にあり、美味しいと評判の
BBQレストラン‘PROA’に行ってみました。

2010122303.jpg

Big Feller TRIO Platter $13.95
(Short Ribs, Spare Ribs, and Chicken)
私と嫁は豚のスペアリブ、牛のショートリブ、チッキンのBBQセットをそれぞれお願いしました。
味はとても美味しかったです。日本人にとっても合う味付けに、柔らかくスモークされた
BBQは絶品。何度も行きたくなっちゃいました。量的には肉食の私にも、ほどよい感じです。

2010122302.jpg

KID'S MEAL - Kacey's Hibachi-Style Short Ribs $6.95
娘も気に入り、前日行ったBBQよりも良いと喜んでいました。これからはこっちかな?

支払い時に明細をみたら、しっかりとチップが加算されていて、カード払いで危うく二度払い
する所でした。

前日のDENNY'Sもキッズミールはタダのはずがチャージされていて、ウエートレスさんが
気付いて直してくれました。

日本人と見ると結構やられてしまうのかも知れませんので、明細はしっかりチェックした方が
良いようです。

夕食後は、バスの最終ギリギリまで、マイクロネシアモールとK-Martでお買い物。
帰国のデルタは翌朝10時半だったので、ゆっくり眠れました。

バタバタと忙しい2日間ですが、コストパフォーマンスは高いと思いますし、なんと言っても
寒い時期に南国の太陽を浴びるのが気持ち良いです。
ほんとは仲間とダイビングがしたいのですが、まだまだ先かな?
おとうさんはつらいです!



2010年12月 グアム家族旅行 その5
2010年12月 グアム家族旅行 その5
グアム携帯事情 HTC HD2


信じられない事にグアムにAT&Tは携帯通信網がありません。なので、GOPHONEのSIMは全く役に
立ちませんでした。
で、私のアンドロイドは携帯電話としては使えず、事前にダウンロードしたマップを使える
MAPDROIDを使い、GPSとして使いました。
グアムでの通信会社の有名所はドコモ・パシフィックですが、高いローミングを使う必然性も
感じません。
同じドコモなら安く使えても良い気がしますが、観光客はドル箱なんでしょうね。

2010122304.jpg

Wi-Fi接続で天気を表示。曇りで27度はやはりグアムですね。でも、3Gのバツが悲しいです。

最近はAndroid FRG83.MCCM IR V1.7.1のROMがお気に入りです。作動が確実な上、消費電力も
安定して少ないです。
HD2カスタムROMでは、Android 2.3 GingerbreadもROM開発が始まりましたが、まだ、開発途中で
動かない機能が多いので、実用化を待っています。
Gingerbreadは最初から日本語キーボードが入っているみたいで楽しみですね。



2010年12月 グアム家族旅行 その4
2010年12月 グアム家族旅行 その4
独りスキンダイビング


ニッコーホテルの真ん前でいつもの様に独り寂しくスキンダイビング。
私はスキンダイビングも大好き。長く海底で頑張っていると肺がヒクヒクと痙攣してくる
のを合図に上がります。

2010122105.jpg

餌にありつけると思ったのか、私の周りの水面をぐるぐるとまわり続けるサヨリ。
昔、パラオで潜っていたら、私のおなかにコバンザメがついて気持ち悪かった事があります。
なんか映画エイリアンを思い出して腹から子供を植えつけられるかも?て妄想しちゃいました。

2010122106.jpg

海底にはマッシュルームの様な珊瑚のジャングルがひろがります。

2010122104.jpg

レモンイエローの色彩が可愛いチョウチョウウオ

2010122107.jpg

魚影は何故かダマになって現れます。

2010122103.jpg

戦闘機の様にキラキラと素早く泳ぐギンガメアジ

2010122108.jpg

ギンガメの次は、なんとホワイトチップ。ホテルの真ん前で見れるとは思いませんでした。
1.5mぐらいですが、人を襲う危険はありません。潜って追いかけたら逃げられてしまいました。

ギンガメとサメが見れたので今回はちょっとラッキー。スキンダイビングでこれだけ見られるのは
さすがマイクロネシアです。

(注:ホテルの真ん前ですが、リーフの外に出ると突然、強い潮流に流される危険もありますので
自己責任でお願いします。)

2010年12月 グアム家族旅行 その3
2010年12月 グアム家族旅行 その3

2010122004.jpg

夕方、お部屋に戻るとベランダの外はダブルの虹が見れました。

2010122002.jpg

夜はお気に入りのジャマイカングリルに。食べてるメニューもいつもと同じ。
ここはロコの人々や米軍人さんも多く、人気です。

2010122001.jpg

巨大なキッチンペーパーがロールごと立ててあるのが、なんともアメリカン。

2010122003.jpg

NIKKOの部屋に戻ると、窓からはライトアップされたプールと海岸が綺麗でした。

2010122005.jpg

翌朝、またプールへ
カラフルな蜘蛛が大きな網を張ってました。

2010122101.jpg

プールの出口、ビーチへの入り口に何故か?大きなダチョウの人形があります。
娘は何故か?この人形を怖がり、海の水もしょっぱくて嫌!と海に行きたがりません。
娘を嫁にまかせて、いつも私1人でスキンダイビングです。
スキンダイビングは高校生の頃、親父から習って以来、必ずバディを組んで
潜っていたので、ちょっと、寂びしーかな。



2010年12月 グアム家族旅行 その2
2010年12月 グアム家族旅行 その2
Denny's & Nikko Hotel Guam


ラマダで4~5時間仮眠して、朝の7時頃に起床。
のんびりと歩いて近くのデニーズに行きました。

2010121801.jpg

平日は子供の食事代がタダ! のキャンペーン中で無料になりました。

2010121802.jpg

無料のキッズミール。本来はフレンチトーストがキッズミールのメニューには無いのですが、
言ってみたら、あっけなくOKとなり、裏メーニューとなりました。

2010121803.jpg

私はグランドスラム。昔は$1.99だったのですが、今は$8以上。
カリカリベーコンとフワフワのスクランブルエッグがたまりません。
ハッシュブラウンも私の好物です。

2010121804.jpg

嫁が頼んだサンドイッチ。ハムを2種類のチーズで挟んでます。

2010121805.jpg

ノンビリと朝食を取った後はいつもの様にプレミアムアウトレットのROSSでお買い物

お昼にはニッコーホテルにチェックインしました。今回はHISで1日だけ購入。
1部屋約11500円程でした。本当は午後2時にチェックインで、翌日のお昼12時で
チェックアウトなのですが、「My JALHotels」の会員になればアーリーチェックインと
レイトチェックアウトが出来ると言う事で早速入会。問い合わせたら、正午にチェックイン
チェックアウトは午後2時となりました。入会は無料なので、とってもお得です。

2010121806.jpg

今回は正面のお部屋で、窓からプールと海が絶景です。

2010121808.jpg

部屋から見えるプール。

2010121807.jpg

右側には旧日本軍の野砲があるビーチが見えます。

2010121809.jpg

そしておとうさんは娘のお供でプールです。

2010121810.jpg

プールサイドで飲むバドライトは最高。



2010年12月 グアム家族旅行 その1
2010年12月 グアム家族旅行 その1
RAMADA HOTEL & SUITES GUAM


LAから戻ってほどなく、月曜日を休んで定休日を利用し、GUAMに家族サービスで出掛けました。

2010121301.jpg

この時期が毎年安いのですが、今年探せた最低パッケージ旅行は3泊4日(実質2日)は
20700円でした。(飛行機代、ホテル代、送迎、島内バス含む)
追加燃油代と税金や空港使用料を加えると一人あたり総額約3万円となりました。

去年に較べると8千円程高いのですが、去年は倒産直前のJALだったので安かったのでしょう。
今年はデルタ航空でした。コンチネンタルなら私がゴールドエリート会員なので楽なのですが、
ちょっとガッカリ。

初日は夜、飛行機でグアムへ。ホテルに到着したのは翌日の夜中1時過ぎでした。

2010121302.jpg

パッケージ旅行に付いて来たのはラマダ ホテル アンドスイーツ(RAMADA HOTEL & SUITES)

ラマダは空港そばで飛行場へのアクセスは良いのですが、他へは何処にも不便なホテルです。
海に行くにもスーパーに行くにもアウトレットに行くのも移動手段が必要。
でも、HISのバスが回っているので、バスのパスさえ持っていれば、なんとかなるかって感じです。

去年と同じく、NIKKOホテルを別に取ってあるので、到着時と帰国時にしばらく休憩するだけで、
後は倉庫にします。

2010121303.jpg

ラマダのロビーは何故か?とても綺麗でした。

2010121304.jpg
 
ベットはとても小さい。日本のビジネスホテルサイズかな?やたらとクッションがあり、邪魔。

2010121306.jpg

小さな台所にはコーヒーメーカー。でも、コンロは無いので好物のステーキは焼けません。

2010121305.jpg

電子レンジはあります。TVディナーは食べれる。
嬉しい事にWi-Fiは無料で使えます。データー転送速度もまずまずでした。

2010121307.jpg

風呂はシャワーだけ

2010121308.jpg

シャワーの壁と床のタイルは年季が入っています。潔癖症の人は無理かも
結局、誰も使わなかったので、お湯の具合は判りませんでした。

2010121309.jpg

窓の外は素晴らしい景色!じゃなくて 吸殻が捨てられたままの汚い屋根が見れます。
 
2010121310.jpg

安いホテルお約束の、キーを刺さないと電源が使えないエコシステム
でも、キーは二枚貰えたので、一枚を刺したままに出来ました。

アメリカ本土の安モーテルで鍛えられた私の家族には無問題レベル。

ダイビング等で、昼間は殆どいない人なんかには安くて良いホテルだと思います。



2010年11月 Los Angels 仕入れ その9
2010年11月 Los Angels 仕入れ その9
旅も終りに近ずき、パッキングに追われ、バタバタとしている内に帰国となりました。

2010121201.jpg

LAの空港でアンドロイド携帯を使い、VAIO-Xにテザリングして見ました。
携帯の3Gからデーター通信を取り込み、携帯をWi-Fiステーションとして
ノートパソコンでデーター通信行う事です。
使い勝手は物凄く簡単に使えます。アンドロイド携帯のテザリングをONにして
VAIO-XでFMステーションを認証するだけ。とんでもなく、あっけないです。

結果はちょっとガッカリ。データー通信がエライ遅かったです。
測ってみたら56k程度。
メールのやり取りぐらいはいいけど、重いページはちょっと辛いです。
こんな時はいちいち画像やデーターを取り込まなくてメールチェック出来る
G-Mailが便利ですね。

通信業者によってはテザリングのスピードを規制しているみたいなので、
その可能性も強いかも知れません。

ROMが悪いのか?AT&T・GoPhoneが悪いのか?判りませんが、次の課題となりました。

例え56Kでも、空港内でノートパソコンが使えるのは美味しいです。
飛行機の中でも使えれば嬉しいのですが…




2010年11月 Los Angels 仕入れ その8
2010年11月 Los Angels 仕入れ その8

家に戻って来てからは、銃のクリーニング。

2010121101.jpg

SIG226 先月、自衛隊の観閲式で触った新中央工業製の9mm自動拳銃はSIG220。
違いは装弾数だけで、こちらはダブルカラムで弾が一杯入ります。
自衛隊は少ない弾しか撃てませんが、良いのでしょうか?
観閲式でSIG220を触った1月後にSIG226を撃って分解掃除している自分は
なにか因果を感じてしまいます。

2010121102.jpg

ワルサーP1
なんかローワーフレームがとても柔いアルミな気がします。
撃ちまくったら直ぐ変形しそう。フレーム周りはモデルガンと一緒だけど
スライド内部はまるで別物。スライト上部が鉄板で蓋されていますが、
この鉄板が射撃時に飛ぶ事もあるそうな…

2010121103.jpg

夜はステーキ・ファフィータを頂きました。(豆が入るとブリドー?)
サワークリームとオリーブの細切れがトッピングで旨い!
オリーブがこんなに合うとは知りませんでした。
これからは日本でも、チリとオリーブの缶詰は常備しなきゃいけませんね。


2010年11月 Los Angels 仕入れ その7
2010年11月 Los Angels 仕入れ その7
Shooting in Nevada desert その2


2010121001.jpg

FALです。金属部分はパーカーライジングをし直し、汚かったプラストックは
美しいウッドストックに変えられて、オーナー自ら仕上げ直した美しい銃です。

弾はM14と同じ、NATO弾の為、反動が大きいが、直銃床スタイルなので、M14に
較べて、銃口の跳ね上がりが少ない。

2010121002.jpg

お次はトンプソン。FALの後に撃つと、反動のない‘おもちゃ’みたい
これなら、フルオートでもコントロール出来そう。
私の年代なら、サンダース軍曹やアンタッチャブルのイメージだけど
パブリック・エネミーズだね!と言われちゃいました。

2010121003.jpg

今回、初めて撃つワルサーP38
実際には戦後作られたアルミフレームなので、P1

2010121004.jpg

撃って唖然。弾が何処に飛んで行くか?判らない感じです。
初めて軍用ガバを撃った時と同じ感じ。
当日も撃ったSIG226やグロックに較べて明らかに昔の銃ですね。

オートマチックピストルはバレルが動くので、リボルバーに較べて命中精度が
落ちるのは当たり前だけど、最近のオートマチックは2次大戦時代に較べて
物凄く進化しているのが古い銃を撃つとわかります。

逆に昔の銃の方が良い事もあります。
今回撃ったAK47ですが、旧軍の38式や99式の様に、
狙いを定める照星・照門のうち、手前の照門が銃の中心近くにあるので、
ハッキリと見え照星と照門を合わせ易い。
しかしながら、米国のライフルは照門が銃床に近く、
眼に近すぎてぼやけて見える為、照準が明らかに難しいのです。
AKはヨーロッパのボルト操作式ライフルの流れで良い所を受け継いで作られて
いると思われます。

今まで、AK47やSKSカービン、マカロフ等を撃つ機会があるごとに東側の銃の
良さに感心します。実際に撃ってみるまでは粗悪なイメージしかなかったけど
今じゃ、それはつくずく西側のプロパガンダと気付いちゃいます。

2010121008.jpg

隣では友人がM14SOCOMを撃ってます。

2010121005.jpg

上からウインチェスターショットガン、ミニ14、M14。
ミニ14はメッキ仕上げで明らかに特攻野郎A-Teamのハンニバル。
ミニ14は弾がM4と同じなので、反動が少ない。M14に較べて全体に小さいですね。

2010121006.jpg

で、楽しくショットガンでぺジュン(クレー)を交代で撃つ。
私は旨くぺジュンを投げられないので恥ずかしかったです。
(撃つ方は問題ないのですが…)

2010121007.jpg

シューティングのお供も麒麟ビール! なんて嘘。勿論、撃ち終わった後で飲んでます。
砂漠で乾いた喉に冷たい麒麟ビール! たまりません。

なんだかんだで4時間近く撃ってました。翌日は軟弱な右肩が真っ赤。

とっても楽しい1日でした!

2010年11月 Los Angels 仕入れ その6
2010年11月 Los Angels 仕入れ その6
Shooting in Nevada desert その1


2010120901.jpg

仕入れの合間にネバダ砂漠へ友人達と射撃のお稽古に行って来ました。

2010120902.jpg

自分のM4とネバダで再会。RISとGPSグリップを着けて嬉しそうでしょ!?

2010120903.jpg

フォアードグリップを着けて撃つと、左手を今までよりも長く伸ばして撃つ感覚となり
単発射撃では、ちょっと不安定。
でも、フルオートだと、銃口が上がって行くのを制御し易いのだと思います。

2010120904.jpg

オキニのM14にマガジンを刺して

2010120905.jpg

やっぱ、M14がイイかも? どデカイ弾が一発で相手を倒してくれそう?

2010120906.jpg

AK47 驚く程、撃ち易いです。

2010120907.jpg

友人のグループは友人を含め、全員、警察関係のローエンフォースメントです。
彼らも、もし、弾の供給が問題なく、一挺選べるならAK47を選ぶと一致していました。

‘最もタフでメンテナンス無しでも確実に作動し、教育や技術が無い人間でも
容易に扱える、最も優れた銃’だそうです。

射撃の後で、AKをクリーニングさせて貰いましたが、笑っちゃうぐらい
簡単な構造。
部品点数が少なく、切削パーツとプレスパーツを旨く組み合わせた
傑作銃です。

今、ルーマニア製AK47の米国内販売価格は$398だそうな。$1が85円とすれば
34000円で本物が買える。
私がM4用の光学サイトが欲しいと言えば、そんなの買うならその金で
他の銃が買える!と言われちゃう訳です。

2010120908.jpg

並んで撃っていますが、私だけ民間人です!?


2010年11月 Los Angels 仕入れ その5
2010年11月 Los Angels 仕入れ その5
The West Coast Historical Militaria Collectors Show


2010120601.jpg

LA仕入れのメインイベントは、日本でも有名なボブ・チャトさん主催のミリタリーショー。

2010120602.jpg

主催者 ボブ・チャットさん。右は初期型・ライムグリーンERDL迷彩トロピカルジャケット
形はボタンも露出していて初期型トロピカルジャケットと同じです。氏によればラベルも付いている
との事です。最初に配られたERDL迷彩は2ndスタイルだと思い込んでいましたが、初期型も
あるのかもしれませんね。

2010120603.jpg

いつもタイガーストライプやナム戦物を売っているオーエンさん
ミリタリーフォーラムでも有名ですよね。

2010120604.jpg

ドイツ軍のような迷彩は、なんと米軍のデルタパターン試作品。形はACUと同じでした。
高い値段にビックリで、とても購入出来ません。涙を飲みました。

以外に掘り出し物が多く、今回はラッキーでした。LAは手軽に行けるので、是非、皆さん
行って本場のミリタリーショーを味わって下さい。

The West Coast Historical Militaria Collectors Show 詳細はココをクリック!