店舗紹介



FC2ブログランキング

FC2ブログランキングに参加中!
今日も一押しお願いします!



プロフィール

レイジーキャット

Author:レイジーキャット
梅澤 哲也 1959年1月生まれ
元HRCエンジンチューナー。1991年より米軍放出品店を開業。
趣味はオートバイ、スキューバーダイビングと射撃 



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



BLOG-LINK

bbimystere02.jpg



Book Store

国内配送料無料Amazon













Google AD Link



Google AD



2016年 4月 新入荷商品紹介 その2
2016年 4月 新入荷商品紹介 その2

マルチカム・パッチ


2016042501.jpg

ハワイやルイジアナ等、渋い州兵マルチカム・パッチを更新しました。
また、新しく色違いのバリエーションも。赤茶色が採用されて?ちょっとカラフルに。

空軍階級章もブルーが出て来ました。
今年から空軍もマルチカムを正式採用だから
もっとマルチカムパッチがこれから増えるかもしれませんね。

毎度、スキャナーで取り込むのですが、いつも色が上手く同じになりません。
御免なさい。

ご購入はココをクリック!


2016年 4月 BMW E36 328i その28
2016年 4月 BMW E36 328i その28
フロントダンパー交換


電動インパクトとスプリングコンプレッサーを購入したので、早速フロントダンパー交換です。

2016041801.jpg

2年前に購入しといたビルシュタインB6ダンパー
購入時のブログは ココ をクリック
リヤダンパー交換のブログは ココ をクリック

ビルシュタインB6ダンパーのフロントは倒立ダンパー。
オートバイの世界ではごく普通になっちゃいました。
ダンパーチューブがストラットケースと同じぐらい太く出来、剛性が大幅にアップ。
また、車体側に固定されるチューブ内にダンパーオイルが収納される為、
バネ下荷重の低減となります。
良い事ずくめですが、製造コストが上がる為、量産では採用されにくいのでしょう。

2016041802.jpg

ブッといダンパーチューブ。大袈裟に言えば3倍太い?

2016041803.jpg

交換した量産ダンパーチューブ。上と比較して見て下さい。

2016041804.jpg

ダンパーと一緒に交換するストラットマウント。純正OEMのLemfoerder社製で一個$32.50
Z4のアルミストラットマウントですが、今はE36の統合パーツとなっています。
Z4マウント用ストラットマウントガスケットも購入して入れました。一枚$4.25

2016041805.jpg

位置決めのヘキサゴンボルトはE36では外して使います。

2016041806.jpg

糞固いボルトを外してストラットを抜きました。そのままだとブレーキホースを痛めるので
逆さにしたバケツと木片でブレーキローターを支えます。

2016041808.jpg

スプリングを外すと、バンプ・ストップラバーは朽ち果て

2016041809.jpg

右ダンパーはオイルシールからオイル漏れでグショグショ。

ロッドを押し込むとオイル漏れのある右ダンパーは抵抗少なくズブズブと入ってしまいます。
思っていた以上に重症でした。

2016041807.jpg

電動インパクトとスプリングコンプレッサーが大活躍、比較的簡単に組み換え完了。

2016041810.jpg

ストラットを車体に戻すと、なんとも派手です。
リヤと同じで覗き込むとビルシュタインの派手な塗装のお蔭でニヤニヤ出来そう。

2016041811.jpg

タイヤを装着して馬から降ろすと、最初はとんでもなく車高が高く、フェンダーとタイヤの間が
スカスカ。まるで、パリダカ?あるいはBAJAオフロード仕様?
元に戻るのでしょうか?と不安な気持ちになっちゃいます。

2016041812.jpg

ところが3日(100㎞)もすれば、元の車高近くに落ち着きました。

何が大きく車高を元に戻すのに関係したかと言えば、ストラットマウントみたい。

2016041813.jpg

取り付け直後は大きく凹んでいますが…

2016041814.jpg

3日もすれば平に戻ってます。
中央ラバー製キャップが大きく持ち上がっているのが判ると思います。
新旧ストラットマウントを並べて、こんなに古いのは平になってましたってお約束ですが、
あまり意味がないみたいですね。

2016041815.jpg

古いストラットマウントはカタカタと異音が出ていたのですが、
ベアリングが茶色く変色しており寿命を越えてました。

肝心の乗り心地の変化は?
スプリングがノーマルのままのB6のせいか?突き上げや乗り心地はさほど悪化せず、
横方向の揺れ(ロール)が劇的に減り、路面追従性が向上。
運転してニヤニヤする程、良くなりました。こんな事ならもっと早く替えるんでした…

でも、家族を載せると相変わらず、ワカランと一言。そんなもんですね。

2016041816.jpg

普段は何もしない癖に、突然フロントダンパー交換を気持ちだけ若い頃と同じで動いたら、
ジジイの身体は疲労困憊。そこら中に打撲跡の青タンを着けて、腰は痛いわで2日ほど寝てました。
日頃の運動が重要ですね。あ~反省

*ご自分でダンパー交換される方は総てお約束の自己責任でお願い致します。


2016年 4月 BMW E36 328i その27
2016年 4月 BMW E36 328i その27

もうビルシュタインB6ダンパーを購入して2年も経ってしまったけど、
恥ずかしながら 未だにフロントは未装着。
なかなかフロントダンパーの交換に踏み切れなかったのには言い訳がありまして…

ダンパーマウントとダンパーを締め付けるナットが私の持っている工具では
脱着出来そうになかったからです

2016041306.jpg

BMW E36でダンパーマウントの奥深くにある締め付けナットは19mmと22mmの
2種類あって私の車は22mm。 (画像はストラット・マウント交換後です。)
19mmならハゼットのディープレンチで分解可能ですが、22mmは
ナット周りのすき間がなくて薄肉のソケットを使い、インパクトレンチがなくては無理そう。

で、遂にと言うか?ようやく思い切って新たな工具の購入となりました。

2016041301.jpg

インパクトはRYOBIのIW-2000。
コンセントで使える事と200N・mと100N・mのトルク切り替えが出来る事が決めて。
価格はアマゾンで¥14.262でした。
安い中国企業の物も悩みましたがアマゾンのフィードバックで焼けて壊れるとの評判を見て
諦めました。

2016041302.jpg

ペリカンケースみたいなプラケースが付属ですが、防水ではありませんね。

2016041303.jpg

インパクト用ソケットも19mmと21mmが付属します。タイヤ交換にはバッチリ?
でも、BMWのタイヤボルトは17mmでダンパーナットは22mmだからなんにも役に立ちません。

2016041304.jpg

トルク強弱切り替えボタン。締める時は弱で、緩める時は強で と使い分けられるのが良いです。
価格はアマゾンで¥14262でした。

2016041305.jpg

もう一つの工具はスプリングコンプレッサー。アマゾンで¥4880
数ある中国製の中でアマゾンでの評価が納得出来る物を選びました。
爪が割れて大怪我をしても自己責任?
インパクト対応とありますが、私は怖くてレンチで使用です。

以上、2点で合計2万弱。悩みまくったのはフロントダンパー交換だけ、業者さんにお願いするか?
工具を買って自分でやるか?でした。そんな事で2年も経ってしまったのは我ながら異常。
前のフロントダンパーがあまり抜けていると思えなかったのも言い訳の一つではありますが…

しかしながら、右フロントダンパーのオイル漏れが酷くなって来たのでようやく決断して
工具購入となったのでした。工具があれば後はやるだけ?


お知らせ
熊本県で発生した地震の影響で、
お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、
御遺族の皆さまにお悔やみを申し上げます。
また、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げ、
一日も早い被災地の復興を心よりお祈り申しあげます。


2016年 4月 再入荷商品紹介 その1
2016年 4月 再入荷商品紹介 その1

ACUパトロールキャップ 再入荷


2016041101.jpg

ACUパトロールキャップ が再入荷。
サイズは7・3/4。貴重な大きなサイズです。

ご購入はココをクリック!


2016年 4月 BMW E36 328i その26
2016年 4月 BMW E36 328i その26

かなり昔、車検前の話になりますが、中国からe-bayでとっても怪しい商品を購入しました。
BMWの故障診断システム CARSOFT6.5 です。

1996年以降、アメリカは法規制でOBD(On-board diagnostics)なる故障診断システムの搭載を
市販車に義務ずけました。これはコンピュータ化した乗用車に故障箇所を記憶させて、ディラー
で故障データーを吸い上げさせ、政府機関に打ち上げさせるシステムです。

それにより、政府は環境汚染となる、O2センサーや各種センサーの故障をメーカーごとに把握出来、
改善させる事が出来ます。

実際には排ガス関係だけでなく、ABSやエアバック、カムセンサーやライト、ウインカーまで、
更にはラジエータータンクの水残量やミッションギヤのオイルレベルまでもセンサーにより、
確認出来るシステムとなっていて、リコール隠しとか出来難くくなってます。

従って、ディーラーなどではこの故障診断システムに接続する事により、どこが壊れているか?
把握出来、パーツを的確に交換する事が出来る訳です。

実は私が2輪レースのHRCから4輪の栃木研究所に転勤となったのも、
当時'マル環’と呼ばれた環境対策プロジェクトでした。
なので、私にとってOBD故障システムは25年以上前から将来のシステムとして認識しており、
是非、利用してみたかったのです。

2016040801.jpg

中国の深センから送られて来たのは、ビニールパックに一纏めで詰め込まれた様々な
接続コードとインターフェイス本体とソフトの入ったCD。送料込みでUS $38.68。

2016040802.jpg

ソフトの入ったCDは可愛いタヌキの絵が入った怪しい物。左下には何やら傷が…

2016040803.jpg

CDをひっくり返して見たら、しっかりと割れていて、読み込み不可能。
トホホと言うか?やっぱりね!っと感じ。
仕方なく、WEB上でググってダウンロード。

2016040804.jpg

そのままでは接続コードは使えないので先人様のお知恵を借りて17番と20番を短絡。
(その他、ソフトのデーター上書きや立ち上げ方も参考にさせて貰いました。感謝です)

2016040805.jpg

E36では元々使えない箇所を除き、OKと出ました。ホッと一安心。
(エアバックとABSは何故か?測定不能でした。USBシリアルケーブルの為か?
今後の課題ですね。)
実はノートパソコンVAIO Xも、このために復活させたのであります。
(VAIO XとのUSBシリアルケーブルはBuffalo BSUSRC06を使用。アマゾンにて¥1845。)

今までは、オイル交換後のリセットもピンセットを使ってリセットしていましたが、これから
はノートパソコンでリセットと同時に故障の確認も出来る事となりました。
コストパフォーマンス的にはとても良い商品ではありますが、直さないと使えない接続ケーブル
や割れて送られてくるCDとか考えると、とても他の方にお勧め出来る商品ではありません。

*お約束ですが、使用につきましては車のECUに重大な損害を及ぼす可能性があります。
総て、自己責任でお願い致します。