fc2ブログ

店舗紹介



FC2ブログランキング

FC2ブログランキングに参加中!
今日も一押しお願いします!



プロフィール

レイジーキャット

Author:レイジーキャット
梅澤 哲也 1959年1月生まれ
元HRCエンジンチューナー。1991年より米軍放出品店を開業。
趣味はオートバイ、スキューバーダイビングと射撃 



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



BLOG-LINK

bbimystere02.jpg



Book Store

国内配送料無料Amazon













Google AD Link



Google AD



2022年 3月 商品紹介 その1
2022年 3月 商品紹介 その1
US Military Ontario Strap Cutter w/Sheath
米軍 オンタリオ ストラップ カッター / レスキュー フック


在庫のストラップカッターを調べ直して、YAHOOショッピングに掲載しました。

本来は空挺降下時、樹木 等に引っかかったパラシュートコードを切断するツール。
現在は、さまざまな車両から緊急脱出する為のシートベルトカッターとして使われています。
また、負傷治療時に衣類を切って脱がす場合にも使用されます。
普段使いとして、荷作り紐の切断などに活用出来ます。
本体は高強度の航空宇宙用アルミニウム製。 窒化チタンコーティングされたブレードは、耐衝撃性に優れています。
本体に空いた楕円の穴はHALO降下時に使用する酸素ボンベ開閉用。

改めて確認した所、初期型と思われたオンタリオ社製スペアパーツ付きストラップカッターは
2種類タイプがありました。

2022031801.jpg

まずは、豪華なパーツが付いたオンタリオとして最初期型

2022031802.jpg

新品袋入り未開封。米国製 製造メーカーはオンタリオ社 シース、スペアパーツ付き
パルステープ付きナイロンポーチが付属。
色はフォリッジグリーン、替刃3枚とスペアボルト4本が付属します。
この豪華なスペアパーツセットはこれだけで海外某オークションにおいて高値で販売されています。
また、本体背中に白い砥石が付属した、初期の豪華な仕様です。

2022031803.jpg

製造は2008年の12月
米軍からの放出品ですが、ラベルにコントラクトナンバー記載はありません。

2022031804.jpg

2022031805.jpg

次は僅か半年後の製造となりますが、本体背中の砥石は省略。
スベアパーツは替刃1枚とスペアボルト2本とケチっています。
本体も刃が4本締めから2本締めに。
もしかしたら、スリットに刃を挟み込むだけのこちらの構造の方が、
強度的に優れているのかもしれません。 
酸素ボンベ開閉用の穴を減らしているのも、強度的な問題かも。

2022031806.jpg

製造は2009年の5月
こちらも、米軍からの放出品ですが、ラベルにコントラクトナンバー記載はありません。

2022031807.jpg

オンタリオ・ストラップカッター在庫の最後はタンカラー。シースは付きますが、スペアパーツは
全く、付属しません。シースのカバーはスペアパーツが入れられる様になったままなのに…
そして、本体背中に砥石もありません。完全にコストダウンですね。

2022031808.jpg

製造は2010年の11月
ラベルには正式採用のコントラクトナンバー記載があります。
マルチカムがアフガニスタンに限定採用されたのが2010年なのでOEF-CP用
タンカラーにピッタリ符号します。

おそらく、私の妄想ですが、本来は予算が潤沢な航空兵用に採用されたストラップカッターですが、
車両脱出用のシートベルトカッターや負傷兵の衣類を脱がす為のメディック装備にも必要となり、
大量支給、コストダウンの道を選んだのかもしれません。
その後のガーバー製ストラップカッターを見ると、替刃の構造もなく、シースも樹脂となっている
ことからも、想像出来ます。更に、車両緊急脱出用として、ウインドウブレーカーの構造と
なっていますね。(ウインドウブレーカー構造のストラップカッターは在庫切れです)

YAHOOショッピングはココをクリック!
ご購入はココをクリック!

2022031809.jpg

画像はシンプルな昔のパイロットサバイバル用ストラップカッターです。サバイバルベストに
入れて携帯していました。黄色のテープが付いているのは、サバイバルベストから
素早く出す為です。テープの穴はサバイバルベスト・ポケット蓋のドットボタンに
挟む為となります。

ご購入はココをクリック!

この3連休はYAHOOショッピングのポイントがとても良くお勧めです。