FC2ブログ

店舗紹介



FC2ブログランキング

FC2ブログランキングに参加中!
今日も一押しお願いします!



プロフィール

レイジーキャット

Author:レイジーキャット
梅澤 哲也 1959年1月生まれ
元HRCエンジンチューナー。1991年より米軍放出品店を開業。
趣味はオートバイ、スキューバーダイビングと射撃 



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



BLOG-LINK

bbimystere02.jpg



Book Store

国内配送料無料Amazon













Google AD Link



Google AD



2010年11月 Los Angels 仕入れ その7
2010年11月 Los Angels 仕入れ その7
Shooting in Nevada desert その2


2010121001.jpg

FALです。金属部分はパーカーライジングをし直し、汚かったプラストックは
美しいウッドストックに変えられて、オーナー自ら仕上げ直した美しい銃です。

弾はM14と同じ、NATO弾の為、反動が大きいが、直銃床スタイルなので、M14に
較べて、銃口の跳ね上がりが少ない。

2010121002.jpg

お次はトンプソン。FALの後に撃つと、反動のない‘おもちゃ’みたい
これなら、フルオートでもコントロール出来そう。
私の年代なら、サンダース軍曹やアンタッチャブルのイメージだけど
パブリック・エネミーズだね!と言われちゃいました。

2010121003.jpg

今回、初めて撃つワルサーP38
実際には戦後作られたアルミフレームなので、P1

2010121004.jpg

撃って唖然。弾が何処に飛んで行くか?判らない感じです。
初めて軍用ガバを撃った時と同じ感じ。
当日も撃ったSIG226やグロックに較べて明らかに昔の銃ですね。

オートマチックピストルはバレルが動くので、リボルバーに較べて命中精度が
落ちるのは当たり前だけど、最近のオートマチックは2次大戦時代に較べて
物凄く進化しているのが古い銃を撃つとわかります。

逆に昔の銃の方が良い事もあります。
今回撃ったAK47ですが、旧軍の38式や99式の様に、
狙いを定める照星・照門のうち、手前の照門が銃の中心近くにあるので、
ハッキリと見え照星と照門を合わせ易い。
しかしながら、米国のライフルは照門が銃床に近く、
眼に近すぎてぼやけて見える為、照準が明らかに難しいのです。
AKはヨーロッパのボルト操作式ライフルの流れで良い所を受け継いで作られて
いると思われます。

今まで、AK47やSKSカービン、マカロフ等を撃つ機会があるごとに東側の銃の
良さに感心します。実際に撃ってみるまでは粗悪なイメージしかなかったけど
今じゃ、それはつくずく西側のプロパガンダと気付いちゃいます。

2010121008.jpg

隣では友人がM14SOCOMを撃ってます。

2010121005.jpg

上からウインチェスターショットガン、ミニ14、M14。
ミニ14はメッキ仕上げで明らかに特攻野郎A-Teamのハンニバル。
ミニ14は弾がM4と同じなので、反動が少ない。M14に較べて全体に小さいですね。

2010121006.jpg

で、楽しくショットガンでぺジュン(クレー)を交代で撃つ。
私は旨くぺジュンを投げられないので恥ずかしかったです。
(撃つ方は問題ないのですが…)

2010121007.jpg

シューティングのお供も麒麟ビール! なんて嘘。勿論、撃ち終わった後で飲んでます。
砂漠で乾いた喉に冷たい麒麟ビール! たまりません。

なんだかんだで4時間近く撃ってました。翌日は軟弱な右肩が真っ赤。

とっても楽しい1日でした!