FC2ブログ

店舗紹介



FC2ブログランキング

FC2ブログランキングに参加中!
今日も一押しお願いします!



プロフィール

レイジーキャット

Author:レイジーキャット
梅澤 哲也 1959年1月生まれ
元HRCエンジンチューナー。1991年より米軍放出品店を開業。
趣味はオートバイ、スキューバーダイビングと射撃 



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



BLOG-LINK

bbimystere02.jpg



Book Store

国内配送料無料Amazon













Google AD Link



Google AD



2014年 7月  BMW E36 328i その17
2014年 7月  BMW E36 328i その17

購入したビルシュタインB6ショックアブソーバーを交換しました。
今回はまずリヤだけ交換。ブレーキ同様、殆どフロントが効いていて、リヤのダンパーは
あまり効かないのでは?と疑問に思ってました。
そこで、リヤだけ交換したらどれくらい変化が体感出来るか?試してみました。

同時にマウントとバンプ・ストップラバーも交換。

2014072601.jpg

バンプ・ストップラバーはOEM品 REIN Automotive社製 一個$14

2014072602.jpg

アッパー・ショックマウントはE46用 OEM品 Lemfoerder社製
一個 $10.75
マウントの下側にはBOGEと書いてありました。
HELLAのラジエーターと同様に、部品番号の頭にあるはずのBMWの文字だけ削り取られて
います。まさしくOEM品で満足です。

私だけ判っていなかったのかもしれませんが、純正パーツで有名なダンパーのSACHSやBOGE。
ステアリングや足回りパーツのLemfoerder。オートマミッションのZFって総て同じ会社の
ブランド名違いなのね。ZFと言えば飛行船でお馴染みのツェッペリン伯爵の会社です。

ZF社グループのホームページはココをクリック!

ミリタリー業界で言えば、ビアンキがグレゴリーを買収して、前アメリカンボディアーマーの
アーマーフォールディング社にビアンキも買収され、アーマーフォールディング社もBAEに
買収され、今やビアンキとグレゴリーと前アメリカンボディアーマーとBAEが同じ会社みたい
な物でしょうか? 
最近、官給品のパウチやベストはBAEとイーグルばかりだけれど、BAEが
元アメリカンボディアーマーであり、ビアンキ、グレゴリーでもあるとすれば
母体がイギリスでも米軍官品納入が増えるのは納得ですもんね。米国内生産工場もそれらの
工場を使っているのでしょう。

キリスト教(砂漠の唯一教)としては、社会的に成功した人はいつまでもガメツク働かずに
後進の若い人達に道を譲り、フロリダあたりで第二の人生をのんびりと過ごし、慈善事業を
するのが、祝福された人の道。
いつまでも働き続ける人はそれこそ十戒の強欲となるみたい。
使い切れない程、財を成した人が更に働き続ける事は醜く、成功を目指す若い人達の邪魔を
しているといった考えですね。
なので、大きくなった会社を簡単に売り飛ばしてしまうのかも知れません。
日本だと、成功しても真面目に働き続け、家族に跡を継がすのが美徳とされていますので、
理解し難いかも?

早速、トランクの内装をとっぱずしてダンパーを外しました。左側は簡単だったのですが、
右側は今や無用の長物であるCDチェンジャーもあり、内装を剥がすのが大変だったので、
下からめくり上げるだけで、何とか外しました。

2014072603.jpg

ボロボロのバンプ ストップラバー。加水分解で朽ち果ててます。
ショックアブソーバーはスカスカでした。やはり、7万キロは、もたないみたい。
貰った車なので仕方がありませんが、自分の知識としては、せめて5万キロを目安に替えた方が
良さそうです。

2014072608.jpg

ノーマルのショックアブソーバーはBOGEでした。

2014072604.jpg

使い古した純正と新品のB6ビルシュタイン。直径もビルシュタインが大きくて、ダンパーと
しての性能も高そうです。

2014072605.jpg

ワッシャー類は流用して新品のバンプ・ストップラバーとショックマウントで組み上げました。

2014072606.jpg

使い古したアッパー・ショックマウントは何も悪くなっていませんでした。
部番もE46の新品と同じ。97年製なので、改良型が入っていたのでしょうか?
新品と交換して損した気分。でも、片方千円だと思えば、今後も長く使えると考えて交換して
正解でしょう。

2014072607.jpg

覗き込むと黄色いショックにビルシュタインの水色の文字がたまりません。
判り易く外観だけで喜べるのは子供みたいか?
そういえば、アメリカで車のアフターパーツを扱う方と喋っていたら、通常のお客さんに
売れる改造パーツはホイールとタイヤ、マフラーとステッカーだそうです。
どれも外観で一目で判る物ばかりで、日本も同じかも。

で、肝心なスカスカだったストックBOGEからビルシュタインB6に替えた感想は?

車両後部から聞こえるガタガタと言った騒音が減った事とサスが引き締まった感じ。
そして、張りも増した感じはするのですが… 

リヤだけ交換だと嫁も娘も言われなきゃ判らないそう!?
普通の人にとって、大した違いではない事は確かですね。

ショックアブソーバーの性能もブレーキ同様、フロントが占める要因がやはり大きいみたいです。